97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
板井による大乃国虐殺
YouTubeには、大相撲の興味深い映像が結構上がっている。

これは、往年の相撲ファンなら誰でも知っている、大乃国vs板井の一番。



板井は中盆(八百長の仲介人)として数々の八百長を仕組んできたと自ら証言しているのだが、この一番は明らかなガチンコ相撲(本気の相撲)。真相は闇の中だが、八百長の申し出を断った横綱大乃国に対して板井が腹を立て、相撲界の和を乱す大乃国を懲らしめるために、「本気を出した」一番だとも言われている。

しかし、これが相撲だろうか。この一番は、まるで異種格闘技戦か、ゴロツキの喧嘩である。板井による大乃国虐殺といってもよい。

ガチンコだからといって、必ずしもよい相撲とは限らない。相撲の美学というのも奥が深くなかなか難しい。そんな事を教えてくれる一番でもある。

大乃国は八百長をしなかったと言われているが、横綱昇進以来優勝は一度だけ。15日制になってから史上初という皆勤出場しての横綱の負け越しと、大変に不名誉な記録を残しており、まだ30歳前に引退してしまったのだった。

そして相撲協会は春場所の開催中止を発表。このままでは大相撲は本当に終わってしまうのではないか。実に心配だ。






関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
維新力
ご紹介の大乃国、板井の一番を見てましたら。横に維新力の取り組みがアップされているのに気が付きました。
以前探した時には無かったんですが、どなたか貴重な映像を保存してくれてたようで。
もうご覧になってるかもしれませんが。

維新力VS貴花田
http://www.youtube.com/watch?v=_iRcxkIjxf8&feature=related

81kg 維新力 十両昇進
http://www.youtube.com/watch?v=mQpOr-XYPnU&feature=related

幕内に入れないまま引退したのは残念でした。
舞の海以上のブームになると確信していたのですが・・・
2011/02/06(日) 13:51:22 | URL | haru #-[ 編集]
維新力というのも、小兵ながら気迫のこもった相撲を取る力士でしたねえ。貴花田の若い事。結構昔のビデオもYouTubeに上がってますよねえ。

モンゴル全盛の今より、昔の相撲のほうが面白かった気がしますなあ。
2011/02/06(日) 14:16:50 | URL | Y. Horiucci #-[ 編集]
回文
やっぱ、
「にくのおおい、おおのくに」ですなあ。

板井は、
「いたい、いたい、いたい」
2011/02/06(日) 21:15:52 | URL | はせぴぃ #ANjhXykE[ 編集]
にくのおおい、おおのくに、は聞いたことありますねえ。
2011/02/06(日) 22:03:11 | URL | Y. Horiucci #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック