97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
金曜は「しみづ」訪問
土曜日には、船便でアメリカから送った本とDVDが10箱ばかり到着する。それまでに、日本のトランク・ルームに残置した本とDVDを本棚に収納しないとダンボールを搬入する場所がない。

ということで金曜の午前中から本とDVDの片付けに着手。重いから小さめのダンボールとはいえ23箱ある。これを開梱して本棚に整理するのも結構大変。日本を離れる前に、もう二度と読まないと思われる本は大量処分したので、結果的に開梱してゆくと、読み返したい本ばかり並んでおり、時折パラパラ読んだりしてるので余計に時間がかかる。

読み返すべき優先度に合わせて本棚を分けて収納。DVDについても、伊丹十三DVDボックスが2つ、小津安二郎DVDボックスが2つ、田宮二郎TV版「白い巨塔」全巻と、これまた5年振りに見直さねばならないものが次々に箱から出てくる。

ということで夕方まで片付けに没頭していたのだが、ふと時計を見るとすでに4時を過ぎている。「しみづ」の予約があることを思い出し、慌てて部屋を出る支度。地下鉄経由では間に合わないような時間になってしまったのだが、運よくタクシーが拾えてそのまま新橋まで。

木曜から雪が積もると天気予報で言ってたが、降ってることは降ってるものの都内では積もる気配なし。しかし運転手によると内陸のほうでは若干路肩に雪があったとのこと。雪道での運転の大変さなどを話しながら新橋まで。

結構スイスイと早く着いたので、時間調整が必要。駅前のヤマダ電機でPCなど見てると、つい時間を費やし、もう5時になってたので慌てて店に。いったい何やってんだ(笑)

本日は、いつもこの店でお会いしてた埼玉のAご夫妻と同席。引越しのことや昨今の時事問題など、なんだかんだ雑談しながら賑やかに。今朝は朝から雪だったので、市場に仕入れに行くのが大変だったのではないかと親方に訊くと、もともと休市日だったので魚の手当ては昨日に終わってるとのこと。そうか、土曜日のような気がしてたが、そういえば祝日だった(笑)

お酒は常温。お通しは菜の花。ツマミは、ヒラメ、アオリイカ、塩で食すタコ、サヨリ生姜醤油、平貝炙り、サバ、赤貝、カスゴ炙り、ミル貝、ヤリイカ煮付け、漬け込みのハマグリなど。握りはいつもの通り。マグロは上品な旨みあり、実に結構。コハダとアナゴを貰い、最後はカンピョウ巻で。

その後、Aご夫妻と向いの「P.M.9」へ。祝日はバーテンダー氏がお休みとのことで、カクテルではなく、ジン・オンザロックスを一杯。寿司の後に洋酒飲むと、これまた結構回るなあ。

新橋からタクシー帰宅。まだ雪の積もる気配はなし。

帰宅してから、小津DVDボックスを取り出してきて、「彼岸花」を見直す。注意深く見ると、小津安二郎の演出というのは、俳優の持ち味をかなり制限しており、生硬な面もあるのだが、しかし、それが小津ワールドとして予定調和の世界で箱庭のごとく丹精に仕上がっている。戦後、高度成長を始めた頃の日本の世相も写りこんでおり、背景も実に興味深い。

しかし、読み返すべき本も見返すべきDVDも山のようにある。時間の配分をどうするかだなあ。

今朝は一面の雪景色かと楽しみにしてたのだが、起床して外を見ると雪は姿形なし。なんだかガッカリしたのだった。





関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック