97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
天麩羅 なかがわ
先週の日曜は、当日電話して、築地「天麩羅 なかがわ」に。

お酒を冷で頼んで、お通しのもずくを食しているとおまかせのコースが始まる。

まず海老が2。衣は香ばしく揚がりながらも海老の芯は甘みを残す絶妙な火の通り加減。その後で供されるのは、旨みを引き出すまで揚げきった頭。これは塩で食した。

肉厚のキスも天ぷらならではの旨みが天つゆに溶ける。しらうおは、一本一本衣をつけて油に投じるのだが、これまた香ばしく揚がって、春の旨みが詰まっている。先週あたりから使い出したとのこと。タイミングよかったなあ(笑)

続くふきのとうも、春を感じるホロ苦さが美味い。

スミイカはもうずいぶん肉厚だが、表面は香ばしく、芯はスミイカの歯切れを残して揚げてある。これまた結構。白子はしっかり火を通して旨みが凝縮。すだちを絞り塩で食する。

メゴチもしっかり揚げ切ってあるが、天ぷらでしか味わえない凝縮した身肉の美味さ。アナゴ、アスパラ、肉厚のしいたけで一通り。最後の食事は小柱かき揚げを天丼で。これまた美味い。赤だしとお新香と共に。

全体にしっかり揚げてあるが、ゴマ油の風味と共に、ビスケットやトーストのように、小麦に熱を通した時の香ばしい香りをいかした天ぷら。寿司屋ほど連投できないが、たまに来ると実に美味いなあ。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック