97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
レベルは6か7か
第一原発事故はレベル6または7

無用な不安をあおる気はないのだが、フランスに続いてアメリカの機関も福島第一原発の事故を、スリーマイル(レベル5)よりも深刻、チェルノブイリ(レベル7)には達してないと評価した記事。日本の当初評価はレベル4.

日本で原子力を研究する学者や、それを管轄にするお役人は、原子力が危険だと言うことになると飯の食い上げ。事故の評価については、口をつぐんだり、楽観論に陥りがちなのは仕方ない。まあ、外国から日本の事故を語るほうがタブーが無いのかも。

スリーマイル島事故の場合、炉の圧力弁が故障で固着し炉内の冷却水が水蒸気として多量に炉外に出た。しかし、操作員が表示板の読み取りを誤り、注水が遅れたため、燃料棒が冷却水から露出してメルトダウン。最終的には炉心に水が注入されて反応が停止。ただ、炉心溶融に至ったのは一基だけ。建屋も損傷しておらず、放射性物質の外界への放出も意外に少なかった。

今回の福島原発事故をスリーマイルと比べると、地震後にいったん急停止したのはよかった。しかしその後の津波で全ての電力と原子炉の冷却能力が失われることに。炉心溶融の疑いある炉は3基。炉心から流出した水素の爆発により建屋が崩壊。炉心からは冷却水注入のため、大量の水蒸気が圧力弁経由で既に外に排出されている。そして同じ建屋の使用済み燃料プールも火災を発して危機的状況。

環境に放出された放射性物質については正確に把握されていないが、状況を考え合わせると、事故の深刻さがスリーマイル事故を上回っているのは確実だろう。

もちろん、今後、最悪のシナリオに至っても、原爆のような爆発はおそらく起こらない。原子炉のウラン燃料の濃縮度は低く、爆弾にするには「爆縮」という爆弾専用の技術が不可欠。

だとすると、考えうる最悪というのは、炉内の燃料棒のメルトダウンにより、水蒸気爆発が起こり、圧力容器・格納容器が壊れ、放射性物質が外部に撒き散らかる事態ということになる。もちろんその最悪の場合であっても、爆発の規模は、爆弾という規模よりもずっと小さいはずだ。

原子炉容器は十分な安全性を確保して設計されており、どんなことがあっても壊れないという専門家もいる。専門家の楽天的自信というものは、原子力の分野に限らず、世界の様々な事故で度々覆されてきたのだが、今回は確かにそうあってくれと、信じたい気がする。

興味深いのは、最近の福島第一原発の一連の報道では、もっぱら使用済み核燃料プールの火災ばかりで、炉心への海水注入については、触れられていない事。もう既に、長い間、圧力容器や格納容器には冷却水が注入されていないのでは。

しかし反面、放射線量の顕著な増加は報道されていない。近隣の自治体での放射線測定でも大きな増加無し。これがもしも、炉心の冷却水がとっくに枯渇し炉心溶融も起こっているのだが、設計の頑丈さにより容器が崩壊しておらず、既に容器内で核燃料がある種の定常状態に達している事を示しているのだとしたら、これは(最悪の事態にあって)実によい兆候ではあるのだが。

現場の大変な混乱の中で、被曝を顧みず不眠不休で対策に当たっている東電、協力会社、自衛隊の人々の粉骨砕身の努力には、本当に心よりの敬意を表したい。東北電力よりの電力供給が成立するかもしれないというのが、見えてきた光明。事態が早く収束に向かえばよいのだが。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
個人的にショックだったのは、事故当初米軍からの支援を政府が断っていた、ってあたりですねぇ。(廃炉前提の措置とのこと)

欧米だと何かを切り捨てて何かを助ける・・ってのに対し、冷静に(あるいは冷酷に)実行に移すけど、日本は「ぎりぎりまでみんな助かる道を探そう」という感じですよね。もちろん、それが良い場合もあれば、悪い場合もある。今回の事故に関しては悪い方向に働いた・・って感じでしょうか。
2011/03/18(金) 09:55:32 | URL | taka #xJy3ruYo[ 編集]
まあ、エンリコ・フェルミでも、スリーマイルでも、専門家が、あーでもないこーでもないとやってる内にメルトダウンですから、アメリカの支援受けてたら大丈夫だったかは、不明ですが、岡目八目とも言いますから、役に立った可能性も否定できませんね。

しかし、いまさら助けてと言っても断られるでしょうねえ。
2011/03/18(金) 10:25:52 | URL | Y.Horiucci #-[ 編集]
電源が回復しても冷却ポンプが動くかは不明。なんとか動いてほしい。ヘリによる放水は世界で失笑をくらったみたいですね。
2011/03/18(金) 20:11:27 | URL | しん #-[ 編集]
消防車やヘリの放水で、原子力の力を本当に冷やせるかなと思います。火力発電所ではないですからねえ。

望みは、電源回復して、炉心緊急冷却システムを動かすしかないと思いますが、建屋そのものが爆発でガタガタ、配管もズタズタのようです。
2011/03/18(金) 22:32:32 | URL | Y. Horiucci #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック