97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
悲観論と楽観論の間
ここ数日、過去ログで感想を書いた「原子炉時限爆弾」へのアクセスがやたらに増えた。

著者の広瀬隆は、「危険な話」や「ジョン・ウェインはなぜ死んだか」などの頃から読んでいるが、反原発の著作で世に出た人。その後、いわゆるユダヤ陰謀論のような著作に傾いていたのだが、もともとエキセントリックな書きっぷりで、全てを鵜呑みにして信じる訳にはゆかない。この著作でも、巨大地震が起これば100%日本は滅亡するような記述など、やはり変人である。

しかし、同様に、今回の福島第一原発の事故で明らかになったのは、電力会社や原子炉専攻の学者が昔から声を揃えて連呼していた、「原子力発電は安全だ」という超楽観的お題目が、まったくの誤りであり、もはや信ずるに足らないということ。

東京電力のWebページには、いまだに原子力発電の安全性などという項目が掲載されているのだが、今にして読むと実に空しい。いずれこのページは削除されるのではないか。

「五重の障壁で放射性物質を閉じ込めている」と自信満々で書かれている部分も、今となってはなあ。燃料溶融により、ペレットも被覆管も損傷しているのは明らか。そもそもTMI事故でもあっけなくメルトダウンしてグズグズになって炉の底に落下しており、閉じ込めると豪語するほどの機能でもない。TMIで放射性物質の拡散を防いだ最後の砦、原子炉建屋はとっくの昔に水素爆発で吹っ飛んでいる。

頼みの綱は、圧力容器と格納容器だが、本日の報道では、やはりなんらかの漏れが生じている可能性あり。もっとも、この原子炉容器は、まだ一応機能を果たしており、大量に放射性物質が大気中に放散されるほど壊れていないと思われるのは、最悪の事態にあってもよいニュース。放射性物質も漏れも、配管を通した穴から生じており、本体にチャイナ・シンドロームのような致命的な損傷は無いのではないか。

モグラ叩きのような後手後手の対策ながら、使用済み燃料プールの冷却はある程度進んでいるようだし、細々とではあるが、炉心への注水も継続されているようだ。

今までの経緯をみると、原子炉容器は安全であって絶対に壊れないという、超楽観的な「原子力学問バカ」の話をそのまま信じる訳にはゆかない。そして東電側にも、悪いニュースは小出しにするという、原子力屋特有の悪い習性があるのも事実。

しかし、事故を起こした全基がすぐに爆発して、東京が壊滅するというような、反原発派の悲観論もまた、真実とは違うのではないか。最悪の状態ではあるが、原子炉の冷却停止、安定化さえできれば、あとはコンクリートで固めて廃炉すればよい。原子炉容器が最後まで大崩壊せずに持ってもらいたいと祈っている。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック