97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
ブラリと焼き鳥など。
普段、焼き鳥を食したい気分になることはあまりないのだが、昨夜は珍しくそんな気分。

会社帰りに、前から場所だけは知っていた、伊勢廣 帝劇店にブラリと寄ってみた。

カウンタ席で最初にビール小瓶を頼んでメニューを拝見。焼き鳥7本コース4,410円を注文。新橋ガード下の小汚い焼き鳥屋とは、やはり若干値段が違うなあ(笑)

店には他にオヤジ2人連れがいるだけでまだガラガラ。最初に供されたベビーリーフのミニサラダに塩を振って食していると、すぐに焼き上がった串が出てくる。最初はワサビを乗せたささみ。レアな焼け具合がよろしい。焼き場の職人が備長炭を動かすたびにカランカランとまるで金属のような音がする。堅い炭なんだなあ。

ここで冷酒に切り替え。銘柄失念したが、大きな湯呑に一升瓶から注がれる。なかなか豪快でよろしい(笑)。

レバー、砂肝、皮、もも肉、ねぎ巻、つくねと、テンポよく次々と。他に鳥スープと浅漬けのきゅうり一本が出てくる。

どれもかなりしっかり焼きが入っているが、肉質は上等。タレで食すレバーと、塩の効いた砂肝、麻の実が入りしっかりした食感のつくね、身肉と皮が混然一体となった皮焼きなど、どれも美味かった。

ただ、おそらく肉にとても脂が乗っているからだと思うのだが、タレも塩も、若干味が濃いような。まあ、甘辛がしっかりした関東風とでもいうのだろうか。

味が濃いからお酒も進むけれど、酒は一人三合までとメニューに注意書きが。メニューにはワインもあるのだが、日本酒3合へどう換算するかまで書いてあって、なかなか厳格である(笑)。まあ、メニューも焼き鳥と食事程度しかないし、長々と飲んだくれる店でもないのだな。それはそれで好ましい気が。

9本コースでも食えるような気もしたが、しかし肉の脂を考えると、最後は胸焼けするかもしれない。あるいは、もうちょっと欲しい時は、軟骨としいたけの串を追加するかだなあ。食事には鳥茶漬けやそぼろご飯があるようなのだが、これはスキップして勘定を。滞在1時間弱。

さっと一杯飲んで引き上げるにはなかなかよい店。これから、寿司屋以外でも、気楽に一杯ひっかけてから帰れる店を会社の帰り道で開拓するか。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック