97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「しみづ」の後は「P.M.9」で
土曜日夜は「しみづ」訪問。

初夏を思わす爽やかな天候。スギ、ヒノキ花粉がもう飛んでいないのが素晴らしいなあ。散歩がてらブラブラと歩いて。

喉が渇いたので、珍しく最初にまずビール小瓶を所望。先日いた若いお弟子さんの姿が見えないので、マチュ君に、しごきすぎたのではないかと冗談言うと、しごく方の心の準備ができる前に数日で辞めてしまったのだとか。退店最短記録は更新しなかったようだが、まあ、厳しい仕事だからなあ。そう考えると何年も頑張ってるお弟子さんというのは実に偉いものである。

お通しのシラスにはミョウガを刻んである。

まずおまかせのツマミから。最初はタイ。上品な脂が甘く溶ける。シマアジは実に久しぶり。出ることは出るのだが、よい物がなかなか無いとのこと。口中でツルンと跳ね、くどい養殖臭のない身。大きく切ってゴロンと転がす塩蒸しのアワビは、旨みが素晴らしい。これは握りよりも絶対にツマミのほうがよいなあ。

これまた久々にカマス。酢〆にして皮目を焼き霜にしてある。分類としては光物で身の締まり具合は光物なのだが、味は白身に近い上品な脂。トリ貝は肉厚で酸味も感じる甘み。カスゴ。続いて、小柱、青柳、ハマグリの貝三点セット。最後はウニでツマミ終了。

マグロは3貫。赤身はネットリと濃厚な旨みあり。佐渡産とのこと。中トロ、大トロも脂が甘く酢飯に溶ける。コハダ、アナゴ、カンピョウ巻と貰って〆。

店を出てまん前の「P.M.9」に。珍しく他の客おらずカウンタには私だけ。バーテンダー氏と、寿司の後はいったいどんな食後酒やカクテルが合うのかあれこれと雑談。特段これといった結論は無いだろうか。まあ、好きなものを飲むのが一番だよなあ。

ドライ・マティーニを一杯やった後、アイラ島のシングルモルト、ラフロイグを。小さなグラスに注がれたストレートを、ほんの少しそのまま啜った後、玩具のごとき小さなポットでグラスに加水すると、濃厚で芳醇な香りが更にグラスに立ち上がってくる。実に不思議だ。

ピートの香りだというが、海藻を思わせるヨードの香りでもある。そうすると、海苔巻きの後によいかも(笑)。もっともこの度数は、寿司の後ではちょっと厳しいかもしれないが。

小さなグラスを飲み干した後で、空のグラスに更に水を少しだけ注いで、最後の残り香も楽しむ。まるで潮風が香るかのよう。舞台の場所は違うけれど、小松左京の短編、「岬にて」が脳裏をよぎる。海からの風がずっと吹いている場所の酒。

他に客がいないので、バーテンダーM氏から、アイラ島の場所を地図で教えてもらったり、銘柄の名前や飲み方など、あれこれ興味深く教わって実に贅沢な時間を過ごした。風土と文化が酒を造るというのは、これまた本当だよなあ。

昔、誰かのエッセイで、「ウィスキーを飲むのは人生の喜びであるが、毎日飲むものではない」という現地の人の言葉を読んだことがあるが、確かに酔っ払うために毎日飲むにはあまりにも芳醇かつ官能的な酒ではある。それでも興味深い世界。まあ、毎日飲むならトリスのハイボールか(笑)。

私もシングルモルトはサッパリ知識無し。また、おいおいとシングルモルトの世界を教えてもらうことを約して、お勘定を。まあ、しかし、一から勉強するにはまた肝臓を痛めつけなければいけないのが痛し痒しではあるのだが。はは。

しかし、寿司も酒も、実に満ち足りた夜。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック