97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「しみづ」訪問
「友有り遠方より来たる、亦た楽しからずや」と論語にもあるけれど、海外から知り合いが来たなら歓待しなければならない(笑)。日曜夜は江戸前寿司を堪能してもらおうと「しみづ」に案内。いつも思うが、ネットで昔から知ってる人は、実際に会うのが初めてでも、話し始めてみると妙に懐かしい気がして、初めて会う気がしないのだった。

開店すぐのスタートであったが、カウンタは既に満席の盛況。一杯飲んでつまみから始めてもらう。

昔、山口瞳は、「よい店というのは、自分が客を連れていった時に、常連である自分をチヤホヤしてくれるのではなく、客のほうにきちんと気を使ってくれる店だ」という意をエッセイで述べている。実は世の中にはまさにこの逆をやってる店も多い。しかし、ここの清水親方は、そのあたりは当然の如く分かっている、こちらの連れが初めてであると、むしろそちらに気を使って、寿司種の産地や旬など、ポイントごとに(会話を邪魔しないように控えめながら)的確に説明してくれるのが実に素晴らしい。

お通しはシラス。そして、出ましたものは次の通り。一人でカウンタに座ると大体覚えているのだが、日曜はあれこれと話が面白かったので、ひょっとして漏れがある可能性もあるかなあ。

刺身の最初はカレイ。夏場はこの上質で軽い脂がよい。次には今シーズンこの店では初めてのカツオ。生姜醤油で。まだ波があるが、房総や静岡辺りまで揚がってきているらしい。初カツオらしい爽やかな香り。

そういえば、いつの間にかサヨリが種札から姿を消した。大振りなアワビ塩蒸しは肝も添えて。これも海の恵みを凝縮したかのような芳醇な美味さ。フレッシュな甘みが素晴らしい肉厚のトリ貝は、つい最近種札に登場したもの。これも季節物だが実によい。酢で〆て皮目を焼き霜にしたサワラは、本来光り物の範疇だが、まるで白身のようなネットリと上品な旨み。漬け込みの蝦蛄、ハマグリも貰う。どちらも江戸前伝来の仕事。ゴマとネギで和えたアジ。そして、これも最近になって入りだしたという唐津の赤ウニを貰ってお酒フィニッシュ。

この辺りで握りに。マグロは、赤身、中トロ、大トロと脂の具合を変えて。塩と赤酢がカッチリと効いた強めの酢飯|にネットリと柔らかいマグロの旨みが溶けてゆく。コハダは強めに〆たこの店独特のもの。コハダは強めに〆たこの店独特のもの。鶴八系伝来の必殺技、アナゴを塩とツメで食した後は、いつも通りカンピョウ巻で〆。

その後の二次会「P.M.9」でも、ずいぶん静かで「しみづ」の女将さんとあれこれ語って結構遅くまで。バーテンダーのM氏が休業日だったのが残念。しかし飲んで、あれこれ語って、美味いもの食べて、また飲んで。実に充実した夜だった。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック