97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
今週の寿司日記
さて、今週の寿司日記をまとめて。

月曜夜は会社帰りに「新橋鶴八」。扉を開けてみるとカウンタにはまだ他のお客さんなし。しばしのんびりと親方と雑談しながら。

お通しは板屋貝。初めて食したが、ホタテを小型にしたような二枚貝の貝柱だという。軽く火を通してると思うのだが、あっさりした旨味あり。貝殻は柄につけて杓子にするらしい。そういえばそんな杓子があるよなあ。お通し用に仕入れたとのこと。

まず切ってもらったのはカレイ。立派な肉厚の身で旨味もある。しかし、そろそろシーズン終わり。そういえば、店のカウンタ上ののれんもまだ白いが、本来は掛け替える時期なんだと。そう、もう秋なんだなあ。塩蒸し、蝦蛄、サバとツマミを。

後から台湾から来たという2人連れ入店。よく来る台湾人の客の紹介だと。ここの店では基本的におまかせコースはやってないのだが、日本語は片言、種札は読めない模様なので、親方も見計らってつまみを出している。

握りはいつも通り。中トロ2、コハダ2、アナゴ2、カンピョウ巻。今年のコハダはなかなか大きくなってこないとのこと。この店独特のネットリした旨みを感じるまでには、もう少し肉厚になるのを待たねばならない。米の甘みを感じるふんわりした酢飯が相変わらず美味い。


水曜夜は「しみづ」。入店と同時に入ったので、まだ他の客は姿無し。

お通しは茶豆。お酒は常温で。種札にもう「ぶり」が。年中獲れてはいるのだが、脂が乗ってくるのはやはり冬場。北海道のものとのこと。

いつも通りつまみを。白身はヒラメ。スミイカ新子ゲソは軽く茹でる。爽やかな甘み。カツオは旨みがよく乗っている。生姜醤油で。アワビ塩蒸しは、そろそろシーズン終了予定。仕入れ値が高くツマミに切ると大赤字らしいが、まあ店の看板だからなあ。漬け込みのハマグリ。肉厚のアジは旨みがよく乗っている。サバもだんだんと味に深みが出てきた。

甘鯛塩焼きは酢橘を添えて。甘鯛があるのは珍しいが、仲卸のつきあいで引き取ったとのこと。ミル貝炙りは七味添え。小粒のウニは脂よりも旨みが強いもの。

お茶に切り替えて握りに。本日はまずスミイカ。爽やかな甘みは残ってるが、だんだんと独特の歯ごたえも出てきた。スミイカもあっという間に大きくなる。赤身1貫の後はブリを一貫。癖のない上質の脂。コハダは片身を2枚つけて。アナゴはふっくらとして相変わらず美味い。最後はカンピョウ巻で〆。

木曜夜は銀座に出たので、早い時間だがどこかで食事して帰るかと思案して、松坂屋裏「新富寿司」に。5時を過ぎた頃だったので、他の客はまだ誰もおらず。今週はどの店も一番乗りだったなあ。

ご主人ではないのだがずっと以前からいる職人がつけ場に一人。あいかわらず、悪く言えば愛想の悪い、よくいえば客を放っておいてくれる静かな接客ぶり。最初にビール小瓶をもらってつまみから。

白身はヒラメを所望。新橋鶴八もそうだが、甘い煮切ではなくストレートな醤油で食するというのは、現在ではもうクラシカルなスタイルなのだが、これはこれでまた美味い。

冷酒に切り替え、サバ、カツオ、煮アワビとツマミをもらって、のんびりとカウンタで飲む。適当なところで握りを所望。これもお好みで。一貫からでも自在に注文できるのも便利。

スミイカ新子2、中トロ1、コハダ新子2、カスゴ1、ハマグリ1、アナゴ1。〆物や煮物は全体的に古式の仕事で今となっては古臭い印象もある。しかし、池波正太郎がこの店のカウンタに座っていたのだなと思いつつ食すると、実に感慨深い。

勘定を済ませると、相変わらず無駄口はひとつも言わなかった寡黙な職人が「お久しぶりでしたね。またよろしくお願いします」と声をかけてきたのでちょっとびっくり。以前にこの店に来た数々の記憶が、風のように通り過ぎた。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック