97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
埼玉・千葉の放射能航空モニタリング
文科省の航空機モニタリングは、実施が先だった新潟と何故か発表順序が逆転したものの、埼玉・千葉のモニタリング結果が昨日公開。

基本的には、あちこちで測定されていた空間線量率の示していた通り、阿見や石久の辺りから、取手市を経て、柏市北部、流山市南部にかけてセシウムの汚染がある。

ただ、見る限り松戸と三郷の汚染はごく一部にかかってるだけ。測定全エリアをカバーした広域地図を見る限りでは、ずっとホットスポットと話題だったこのエリアよりも、むしろ群馬県の汚染のほうがひどいようにも見える。

まあ、すぐ隣の東京都葛飾区や江戸川区の汚染状況がどうかも気になるので、東京都の結果も早く発表してもらいたい。

ひとつだけ、(もう何度も書いたし)くどいようだが繰り返しておきたいのは、福島原発近隣のすでに避難エリアに指定された地域以外には、チェルノブイリで強制移住となった555千Bq/㎡(セシウム137によるカウント)に該当するエリアは、まったく見つかってないということ。

それにしてもこの地図なんだけど、もう少し高精細にならないかねえ。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
うちは越谷市で三郷の隣なのでかなりヒヤヒヤしながら発表待ってましたが、気持ち安心しましたよ。
2011/10/01(土) 07:50:15 | URL | ハヤブサジェッター #-[ 編集]
埼玉は、三郷に若干フォールアウトありましたが、西部の群馬県境寄りを除いて問題なさそうですね。

もちろん、局所的には問題あるところも存在するかもしれませんが、マクロに俯瞰できるデータは実に有用だと思います。

これだけシビアな事故があった以上、もはや原子力利用を推進するのに道理が無いのは事実だと考えますが、汚染度高そうなところばかりに線量計を押し当てて測って、「チェルノブイリだ!チェルノブイリだ!」と騒いでいる、(プロ市民を含んだ)極左に偏った反原発市民運動も、到底信用できないのですよねえ。

2011/10/01(土) 13:08:06 | URL | Y. Horiucci #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック