97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
神戸旅行写真日記
先週の神戸行きでとった写真など。

kb111011.jpg

新神戸駅横のホテルは、昔はオリエンタルホテルだったと思ったが経営が変わって、ANAクラウンプラザという名前に。地下鉄で三宮に一駅なのだが、PASMOが使えず毎回切符を買わなければならないのが面倒。滞在するなら三宮や元町近辺がよかったかも。

kb111007.jpg

阪急六甲駅もずいぶん変わっている。このあたりからJRの六甲道駅までは、大学生の頃によく飲み歩いた場所。しかし馴染みだった店は全て無くなっている。

小さな居酒屋のオヤジと仲良くなり、皿洗いを手伝ってやったりしてるうちに毎晩飲んで騒ぐ仲間が大勢できたのだが、学生は私一人であとは皆社会人。サラリーマン、コインランドリーの経営者、塾の先生、寿司屋の職人、踊りのお師匠さん。その後の再開発で店周辺はもう跡形もない。皆、今頃どうしているのだろうか。

阪急御影の駅を降りて山を登る。この道を毎日徒歩で上り下りして学校に通っていたのだった。

神戸の街も、震災復興もあってずいぶん変わってしまったが、この深田池のあたりはまったく変わっていない。

kb111015.jpg

元参院議長扇千景が日経「私の履歴書」に、「長門裕之とベンチで恋を語ってキスした」と書いた場所である。そういえば長門裕之も先日亡くなったなあ。

そこから以前実家があった場所まで行ってみる。こんな坂道を毎日登っていたとは、今となっては信じられない気が。

kb111014.jpg kb111013.jpg

こちらは、小中学校の通学時にいつも通った甲南病院前から神戸の街を見下ろした風景。子供の頃、ここで月食を観察したこともあったっけ。これも考えてみればずいぶんなアップダウン。神戸はまさしく坂の街だ。

kb111010.jpg

ビバリーヒルという看板が出てるのは、安アパートのような建物だが、確か私が子供の頃からあったような。もうずいぶん老朽化しているだろう。しかし、こんな賃貸アパートに「ビバリーヒル」と名付けたオーナーの勇気には感嘆する。明日は今日よりも自然によくなると、そんな明るい希望が日本にも満ちていた時代を象徴するかのような。

全てが懐かしい小旅行であった。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
帰ってきてはったんやー!

声かけてくれてたら、おいしいもんご馳走し(てもらって)たのに!
2011/10/16(日) 22:44:44 | URL | shu #XwFcNLco[ 編集]
どうもどうも、ご無沙汰しております。神戸も、学生時代に飲み歩いてたような居酒屋はほとんど消滅してまして、実に寂しい限りでした。

讃岐うどんに駆逐されて、町場の普通の関西のうどん屋が無くなってたのもなんだか寂しい気が。日本も均一化が進んでますなあ。
2011/10/17(月) 20:17:16 | URL |  Y. Horiucci #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック