97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
新潟の放射性物質汚染
新潟知事が汚染マップ批判 「天然放射線を配慮せず」

そういえば、すっかり書き忘れていたが、文科省航空機モニタリングは、「新潟及び秋田の結果」が10月12日の夜にWebにアップされていた。しかし、いつも夜遅くに更新される気がするが、なんで日中にやらないんだろうな。

新潟県は食品の放射性物質検査でも実に熱心で、農水産物を一桁未満まで測っているのだが県産の農水産物からは一件も顕著な汚染は見つかっていない。ただ今回の調査では、秋田県はほぼ全県に渡り顕著な汚染無いものの、新潟の空間線量率分布を見ると、意外に福島や群馬から流れてきている印象だったのである。

知事の批判同様、新潟県のホームページでは花崗岩による天然由来の放射線の影響が考えられるとの説明を記載。確かにその影響もあるのかもしれないが、他県を含む全体のマップでは、福島、群馬の広域汚染と綺麗につながっているように見える部分もあり、必ずしも地表面に露呈した岩石の自然放射能の影響だけではないような。

やはり心配なのは、魚沼、南魚沼というコシヒカリで有名な米産地が若干汚染度高いということ。しかし既に行われている新潟県による米の放射性物質検査では、セシウム134、137ですべてND(未検出:定量下限値それぞれ10Bq/Kg)となっている。粘土層に吸着したセシウムが容易に食物に移行しないこと、玄米を精米すると更に汚染が減ることを考えると、新潟の米は福島に比べるとまったく大丈夫という気がするがなあ。少なくとも、今後を含めて個人的には忌避しない。

モニタリングが残っているのは、岩手、静岡、長野、山梨、岐阜、青森、富山。隣県の結果から、若干心配なのは長野、山梨、岩手くらいか。広域マップ見ると、静岡はセシウム沈着が他府県から流れて来ているようには思えないのだが、お茶からずいぶんセシウムが出ており、そこがちょっと気になるところ。

いずれにせよ、このマップは目が粗く参考にしか使えない。汚染が見つかったところは地上で再調査するなど、都道府県できちんと対応してもらいたいのだが。(追記:10月18日付で、今までの航空機モニタリングを含む地図のより高精細な、「放射線量等分布広域マップ」が公開されている)



関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック