97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新ばし 笹田」訪問
祝日前、水曜の夜は「笹田」訪問。

最初に生ビール一杯。もうだいぶ内装が出来てきた移転先の話など。やはり若干工事は遅れているのだとか。まあ普通、予定より早く上がる工事というのは無いからなあ。それにしても12月から新たな場所でスタートというのも、間に合うのかどうか心配なスケジュール。すでに新店の予約がずいぶん入ってるというが。

最初に供されたのは、松輪のサバ押し寿司。脂の甘みが寿司飯に溶けて実に美味い。この店の定番、壬生菜と薄揚げの煮物。あっさりと上品だが、しかし旨みが底にしっかりと感じられる出汁。

自家製のからすみは、ネットリとして、しかし凝縮した旨みに溢れる。移転を控えてるので今シーズンは大量に仕込んだが、出来がよかったとのこと。お酒は九平次純米吟醸に切り替え。からすみも酒に実によく合うなあ。しかし毎日食べてると、たちまち痛風という気もするけれども(笑)

お造りは、明石の鯛、青森のヒラメ、そして縞海老、この店では始めて食した北寄貝。縞海老もすっかりこの店のお造り定番に。北寄貝は初めて使ったということだが、軽く湯振りして火を通してあり、しゃきしゃきした歯ごたえと身肉に潜む甘みが美味い。

お椀は甘鯛と岩手のマツタケ。出汁の味付けが若干強くなり、これがまた美味かった。イカ塩辛も少しだけもらってお酒が進む。塩辛も最初に作った奴は偉いなあ。

焼き物は、さわらの付け焼き。この魚は字面にもあるように春が有名だが、晩秋からよいものが揚がり出す。じっくり焼いた身はキシキシと稠密なのだが、脂がほどよく乗っている。関西ではお惣菜にもよく使う懐かしい魚でもある。枝豆、もみじの葉をあしらって。

煮物は、カブの蒸し物。海老、マツタケ、銀杏を細かく切ったものをあしらって、餡かけに。身体が芯から温まるようなふっくらとした煮物。最後はいつも通り、炊飯土鍋の御飯。新潟県の調査では、ここでいつも使う魚沼産コシヒカリにはセシウム汚染は検出されておらず、実に結構な話。

炊き上がった御飯に、自家製のお新香、ワサビ漬、チリメンジャコ、そして赤出汁を添えて。おかわりにはお焦げを添えてもらう。人生最後の食事を選ぶなら、やはりパンやパスタではなく、炊きたてのご飯だ。

最後はこれまたここの定番、薫り高い煎茶に、冷製の白玉ぜんざい。この店の狭いカウンタも、移転が迫った今となっては、なんだか懐かしい気がする。もう一度ここに座れるか、それとも次は新しい店だろうか。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック