97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
そうだ、奈良行こう その1
金曜に年休取得して、この週末は4連休。フラッと奈良まで行ってきた。奈良に行くのは、その昔、小学校や中学の頃に校外学習で何回か行ったのと、学生の頃に一度行って以来。日本に帰国したのだから、思い立ったら数時間でどこにでも行ける。ということで、最近、鎌倉や神戸など連休の旅にブラブラ出かけているのだった。

1101nara24.jpg

木曜の昼前に出て、大丸地下で弁当とお酒を購入。車窓からの風景を見ながら飲む昼酒は気持ちよく回るなあ(笑)のぞみ号は品川、新横浜、名古屋に停車。その次の京都で下車。ここから「みやこ路快速」で奈良まで。今まで奈良には神戸からしか行ったことがないので、この路線に乗車するのは初めて。しかし、快速というのは1時間に2本しかないし、あまり賑やかな路線ではない。

1101nara01.jpg

荷を下ろしたのは、JR奈良駅西口の日航ホテル。駅の西側には何も無く、昨年の奈良遷都1300年祭に合わせて再開発された場所とのこと。近鉄奈良近辺のほうがずっと賑やかなのだとか。やはり何も調べずにフラっと行ってはいけませんな(笑)

チェックインを済ませると3時頃。神社仏閣、博物館というのはというのは閉まる時間が早いので、あまり時間がない。とりあえずタクシーで国立博物館まで。

ところが、先週から「正倉院展」なるものが始まっており、本日は祝日とあって国立博物館新館には長蛇の列。入場まで1時間かかるという。これはダメだ。まあ、やはり何も調べずにフラっと行ってはいけませんな(笑)<いったい何回同じ反省してるんだ(笑)

ただ係員に聞くと、仏像関係には常設展示があるというのでそちらのほうに。

buddha1.jpg 

奈良はお寺があちこちに現存しているので、仏像はお寺のほうにあるんですなあ。さほど見るべきものなし。これは鎌倉時代の作だが、掌にくっきりと運命線が刻まれているのが珍しい。右手も左手もであるから、明らかに意図を持って刻まれている。仏教そのものと手相には本来何の関係もないと思うが、仏師は観相について何らかの知識を持っていたのだろうか、それとも単なる偶然なのか。他の仏の手には同じような線は見当たらないのだが。

博物館内の仏像でも、撮影禁止のものと撮影可のものがあるというのが不思議。塗りが残ってるようなものはフラッシュにより劣化するからだろうか。もっともフラッシュ焚いてるような人もいなかったのだが。

1101nara02.jpg

国立博物館出た後はすぐ横の興福寺へ。国宝館を拝観。東京で開催された阿修羅展を終えて、八部衆立像がここに戻っている。残念ながら内部は全て撮影禁止。国宝阿修羅像は、奈良時代の昔から、常に同じ、憤怒の中に奇妙な深い哀しみをたたえて、その像の前に建つ者達を見下ろしている。

阿修羅像以外の八部衆立像の中では、奈良時代にあって、迦楼羅像(かるらぞう)のSF的とも言えるイマジネーションは素晴らしいが、その他は普通の仏像の範疇内に納まるもの。阿修羅像にあっても、正面の顔は素晴らしいが、左右の顔は明らかに劣る。なんらかの形でこの乾漆像の造形時に起こった奇跡なんだなあ。

その後、どこで夕食にするかと駅までの道などブラブラ。しかし全然店が無い。近鉄奈良駅近辺は若干の賑わいがあるのだが、到底繁華街と呼べるレベルでは。いったい奈良に住む人はどこで外食とかしてるのだろうか。やはり何も調べずにフラっと行ってはいけませんな(笑)<いい加減にしろよ(笑)

という訳でその2に続く。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
なら
観光協会などで「ならまちめぐり」のパンフを手に入れて散策されれば、けっこう良いお店が見つかるのではないでしょうか。
あと、春日大社では早朝に神主さんと一緒にお参りする企画がありオススメです。
お参りのあとは、茶粥がよろしいかと。
2011/11/06(日) 17:48:20 | URL | はせぴぃ #ANjhXykE[ 編集]
>はせぴぃ様

そういえば、駅にも観光協会の窓口がありましたが、何度も行ったことがある関西の街ということで、まったく立ち寄らなかったのが失敗だったかもしれませんねえ。

その2で書きますが、何十年ぶりの山辺の道散策でも、地図ひとつ持たずに行ったので、これが結構大変でした。

2011/11/06(日) 18:37:29 | URL |  Y. Horiucci #-[ 編集]
Y. Horiucciさん
はじめまして、こんにちは!
奈良で検索していたらた阿修羅像はすばらしいですよね。何度見ても飽きません(^^)
私はwebマガジンを創刊したのですが、
第1号の特集は奈良。
タイトルはY. Horiucciさんのこの記事タイトルと同じ「そうだ奈良、いこう」です。
そんなわけで親近感がわきまして
おもわずコメントさせていただきました(^^)
もしよろしければ見ていただければ
うれしいです↓webマガジン「みんなの、にっぽん」
http://www.minnipo.jp
2012/04/26(木) 00:08:27 | URL | みんにぽ #-[ 編集]
> みんにぽ 様

写真がとても綺麗で印象的なサイトですね。奈良についても新たに教えられるところが多々ありました。

Webマガジン、今後も拝見させていただきます。頑張ってください。
2012/04/26(木) 22:23:54 | URL |  Y. Horiucci #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック