97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「しみづ」訪問
金曜夜は、会社帰りに「しみづ」。

なんだかんだで、訪問はちょっと間が空いてしまった。いつも通りお酒は常温で。つまみをおまかせで。

タイ。スミイカ、タコ。塩は若干ピンクかかってるが、海草を焼き込んだ藻塩なのだそうだ。カツオは辛子醤油。脂がよく乗っているが、ここまで脂が乗ってくるとそろそろ使う時期も終りとのこと。赤貝、青柳。ミル貝と小柱は炙って七味で。サバは皮目を軽く焼き霜に。

サヨリは生姜醤油で。香りがよい。ウニとイクラもらってつまみおわり。握りはいつも通り。赤身と中トロ。マグロも旨みがだんだん乗ってきた。コハダも強い〆が酢飯に合う。アナゴ、カンピョウ巻も結構。

店を出て久しぶりに「P.M.9」に。

まずジン・マティーニを。バーでは、氷がスシ屋のシャリのようなものなんだと三好氏が。長時間かけて凍らせたものを仕入れ、店の冷凍庫でさらに低温で「締める」。ステアする時に使った氷はそのまま捨ててしまうのだが、この氷に気を使わないと美味いカクテルにならないのだと。

確かに自分でジンとベルモットをステアしてもサッパリ美味くない。もちろんビターズとレモンのピール等も影響してるのだが、やはりプロの技が冴えるバーの不思議だよなあ。その後は、61度あるという山崎シングルモルトを一杯。加水すると複雑な香りが華やぐ。飲み干したグラスにさらに水を注ぐと、バニラのごとき香りが。これまた酒精の不思議。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック