97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
北朝鮮は、本当に仕返ししたのか
先日のサッカーW杯3次予選、北朝鮮戦では、日本チームの入国審査に4時間かかり、携行品もずいぶん没収。観客席での応援も規制され、北朝鮮の嫌がらせであると言われた。

しかし、今週号の週刊新潮では、「嫌がらせが倍になって返ってきた」という記事で、これは北朝鮮の仕返しだと述べている。

なんでも、9月の日本での北朝鮮戦の際、民主党が代表戦や組閣でバタバタしており、北朝鮮代表をどう遇するか警察庁に具体的指示を出さなかったため、北朝鮮チームは、ホテルの出入りも裏口から、近隣公園での散歩も禁じるなどされ、その怨嗟から仕返しされたのだと言うのだが。

ニュースソースに「日本政府関係者が苦々しく語る」というところに、どうも民主党叩きの胡散臭い政治臭がプンプンするが、これは本当だろうか。しかし、ビザ取っていったん入国した後での行動を、日本の警察が本当にそこまで制限してたのか、ちょっと疑問に感じる点。

まあ、政府の方針どうのこうのは若干疑わしいが、本来は、世界でももっとも貧しい部類の自由の無い国からせっかく来日したのであるから、日本サッカー協会を外務省が後援して、チームを大歓待し、北朝鮮チームに日本の豊かな暮らしをあれこれ見せつけ、飲めや歌えの酒池肉林の大宴会を開催し、山ほどお土産持たせ、最終的には日本への亡命者が出るくらいアテンドすべきであったとは思うがなあ。

もっとも、そんな接待を申し出ても、向こうが断るに決まってるが。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック