FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
先週の寿司日記
先週の寿司日記を。

火曜の夜は「新橋鶴八」。

菊正宗の冷酒を貰ってつまみから。肉厚のヒラメは食感よく脂が乗っている。二品目にいつもの塩蒸しを頼もうとしたが種札が無い。そうか本日は無いのかとタコを注文。しかし、「あわび」の札はかかっているのだがなあ。

次につまみで漬け込みのハマグリを貰った時点で、隣に夫婦連れのお客が入店。「あれ、今日は塩蒸し無いの?」と男性のほうが訊くと、親方は「えっ、いや、ありますよ。今出来たてです」と言う。

種札がかかってないよと教えると、石丸親方は振り返って、「あ! 本当だ。出し忘れてる。今日は注文が無いなあと不思議に思ってたんですよ」と笑って種札をかける。そんなこともあるんだねえと、塩蒸しを注文。シャコもつまみで。

その後、握りに移行。中トロ2。コハダはずいぶん大きな身で片身つけなのだが、当歳のものだろうか。ネットリとした旨み。アナゴ2の後、カンピョウ巻で〆。

金曜の夜は築地「つかさ」。前回来たのはアメリカ出張前だから、ちょっと間が空いたか。

お通しはタラコ煮つけ。お酒は白鷹常温、つまみをおまかせで。ヒラメは肉厚に切りつけるが旨みが乗っている。サバ。シャコは津軽産だというが、実に分厚く卵を持っている。普通は春が産卵時だが、秋にも卵持ってる個体があるとのこと。スミイカ、マグロ脳天つけ焼き、青柳、軽く湯がいたスミイカゲソ、自家製からすみなど。

この辺でお茶に切り替えて握りに。マグロは津軽半島の三厩(みんまや)。もう津軽海峡で黒マグロが獲れている。中トロ、大トロと。キス、アジはネギを小口に切って挟む、コハダ、
ミル貝、赤貝、茹で上げの車海老、ハマグリ、ウニは釧路。この時期しか入らないと。くどさがなく、さらっと旨みだけ残して口中に溶ける。アナゴ、鉄火。


土曜日の夜は「しみづ」。開店と同時に入店。両隣共、初訪問らしい2人連れ。

常温白鷹を貰っておまかせで切ってもらう。最初は、ヒラメ、エンガワ、タイと白身の舞い踊り。ヒラメはだんだんと脂が乗ってきた。タコは旨み十分。

カツオは腹の脂がまるでトロのよう。辛子醤油で。ここまで脂が乗るともうさすがに終わりとのこと。稲ワラで炙って食したかったが、昨今の牛肉汚染騒動を見るとやはり嫌がる客もいるだろう。サバも脂に甘みあり。シャコは肉厚の立派なもの。サヨリは生姜醤油で。
ミル貝、平貝、青柳。そういえば、平貝は今シーズンこの店で始めて。ハマグリ、ウニともらってつまみ終了。

マグロは赤身と中トロ。コハダはまだ今年のものの生育が悪く、昨年生まれたのを使ってるとか。アナゴは塩とツメで。カンピョウを半分貰って〆。




関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック