97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「與兵衛」訪問
先週土曜日は、本年最初の與兵衛訪問。

入店すると女将さんが、「まだ準備してますのでもう少々お待ちください」とのこと。仕込みに時間かかってる模様。まずはギネスビールを一杯。しばらくするうちに仕込み場から親方登場。

最初に供されるのは牡蠣のスープ。実に立派な分厚い牡蠣。様々な素材が溶けだした出汁はこれまた複雑で玄妙な旨み。

お通しの一皿に合わせて、上喜元大吟醸を。海老頭ヅケ、ホタテ煮浸し、タラ白子、中トロ炙りヅケ、ヒラメ縁側のゴマ醤油ヅケ、スミイカゲソは煮ツメを絡めて。酒が進むなあ(笑) その後、十四代本丸に切り替え。

そうこうするうちに、親方が、最初に出したホタテ煮浸しに柚子をかけるのを忘れていたという事態発覚(笑)。そういえば、いつも小型の卸し金で皮を磨っていたっけ。こちらも一挙手一投足まで目を凝らして見てないから気付かなかった(笑)

まあ、ということで、ここから握りに。寿司種としては、12月の訪問と違いは無し。

マグロ赤身はいつものネットリした旨味。ヒラメは甘酢ヅケ、ゴマ醤油ヅケと2種類。スミイカ、シマアジ炙り、甘酢に潜らせた細巻海老。北寄貝は独特のフレッシュな甘みを感じる。ここから光り物に。残念ながら本日は3種類。サヨリはまだ若干サイズ小さいか。コハダは新橋鶴八と通じるネットリした旨みを感じる。サバは上品な脂が甘い。ハマグリ、アナゴ、玉子。いつもながら、仕事を施した寿司種が固めの酢飯にほぐれて、最後は口中で溶け去るような美味さ。

そうそう、西大島の駅から歩いて行くと、この砂町銀座商店街を左折する入り口にちょうど蕎麦屋があり、その店先に頭のデカい女性の人形が置いてあった。

nishioojima112.jpg

ここを曲がればよいというよい目印になっていたのだが、その人形が無くなっている。なんでも、この蕎麦屋は、以前に店主が倒れ跡継ぎもいないので、昨年一杯で閉店したとのこと。あの人形だけでも買い取って、角に案内版として置いておけばよかったのでは(笑)

お年賀に貰った手ぬぐいは明るい黄色。「来年は緑色だから」と親方。おお、もう来年の分まで決まってるとは。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック