97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
先週の寿司日記
先週水曜日は、築地「つかさ」訪問。年が明けてから、一度行かなくてはと思っていたのだが、なかなかタイミングが合わなかった。

お酒はいつもの白鷹常温。つまみをおまかせで貰う。

お通しは、ヤリイカ煮つけ。やや小型だがもう卵が一杯に詰まっている。春先に出る印象があるが冬場が旬ともいう。ツメをつけて。

厚めに切り付けたヒラメは脂乗りよく旨みあり。寒平目というが、やはり寒い時期が一番美味い気がする。サバも上品な甘み。タラ白子はポン酢で。

ミル貝の後は、ブリ腹の身塩焼き。ブリの季節もそろそろ終わりか。ここで茶碗蒸しが供される。白身魚や小海老などあれこれ入って美味い。自家製からすみももらってお酒終了。
ここからお茶に切り替えて握りに。

大トロは、津軽三厩で揚がったもの。ヒラメ縁側、アジも冬場にも関わらず旨みが乗っている。コハダはまだ若干小型のもの。イクラは軍艦で。これも季節は終わりで、若干皮が硬くなってきている印象。ウニはくどい脂臭さがなくさらりとした旨み。なめこの味噌汁の跡、スミイカ、アナゴ、紐キュウ巻と貰って一通り。スッキリした独特の酢飯と寿司種のマッチングを堪能した。


先週の金曜、会社帰りに「しみづ」に電話すると席が空いている。珍しいなと入店。カウンタ最後の一席であった。久しぶりに「最多来店記録」氏の隣に。最近はお酒を控えているので、めっきり訪問が減ったのだとか。あれこれ雑談しながらのんびりと。

白鷹常温でもらいつまみから。お通しは菜の花辛子和え。まず白身はヒラメ。旨みが実によく乗っている。スミイカ、タコは香りよし。〆サバ、サヨリ、青柳、ミル貝、白子ポン酢、ウニなどつまみで貰って。握りは旨みの濃い赤身の後で中トロ。コハダ2、アナゴは塩とツメで各1、最後にカンピョウ巻もらって〆。

その後で「P.M.9」に移動。ドライ・マティーニの後、アイラ島シングルモルトに移行して、ボウモア、ラフロイグを一杯ずつ飲んで終了。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック