97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
竹葉亭銀座店
昨日、日曜の夕飯は、ブラッと銀座に出て、竹葉亭銀座店に。一階椅子席は立て込んでいるので、2階の座敷に上がったが、これまた結構混んでいる。早い時間なのに昼から通しでやってるから、使い勝手がよいんだな。

晴海通りを見下ろす窓際の席は気分よいのだが、そちらにはすでに先客あり。店の奥の席に。真ん中のテーブルには6名ばかりのオヤジが陣取って、居酒屋状態。つまみ類も結構あるのでそんな使い方も可能。もちろん鰻重だけ食べて帰って行く女性客も。

お酒は石川の本醸造を冷でもらってつまみを。野菜煮、エビしんじょ、治部煮をもらって一杯。お酒2杯目を頼んだところで白焼き追加。醤油で食するこれが結構あっさりしてなかなか結構。山葵が粉なのだが、まあ、この辺りは私はやかましくないので、これで結構。寿司種で粉わさびは嫌だけどねえ。

鰻丼と肝吸いに関しては、個人的には竹葉亭よりも宮川本廛のほうがずっと好きなのだが、一品料理の充実に関してはこちらのほうがよい。店員の気働きと愛想も、こちら竹葉亭のほうがずっと優れてるよなあ。

最後に鯛茶漬けを所望。ゴマたれにつけた鯛刺身は、まず白御飯と。最後にお茶を入れてお茶漬けに。これも趣向が変わってまた結構。だんだんと日が長くなってきて、もう春はそこまでと感じる夕刻。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック