97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新ばし 笹田」
「新ばし 笹田」。3月13日火曜日の夜に訪問。

新店でのオペレーションもずいぶん手馴れてきた様子。今度更にお弟子さんが一人入るとか。最初に生ビールを一杯。しばしカウンタは私のみなので、笹田氏や奥さんと雑談。今回の訪問はちょっと間が空いたかなと言うと、笹田氏は奥でチェックして、前回は1月11日でしたと。ちゃんとログがあるんですな。

最初の一品は、葉ワサビと、平貝、海老、赤貝の酢の物。爽やかなワサビの香りと酢に春を感じる一品。ただ今年は気温が低いせいか春の食材の出は例年に比べて遅いとか。お酒は九平次大吟醸で。日本酒ラインアップも見直すとの話だったのだが、今のところまだ変更なし。まあ、お酒は何置いても、あれが無い、これが無いと五月蝿い客も多いから、自分で相当のポリシー持ってないと難しい。信頼できる酒屋に丸投げして、客が何言っても、うちはもう全部酒屋の勧めで置いてますからと言うのも一法ではあるのだが、ワインを置くとなるとそうも行かないのだよなあ。

ナガス鯨の尾の身を刺身で。32メートルあった鯨だと。ちょうど、黒マグロ大トロと上質な牛刺しの中間のような旨み。実によく脂が乗ってるのだが、ギリギリ獣臭みが無いという絶妙な身肉。仲卸から貰ったという鯨のパンフレットで部位など教えてもらう。研究熱心な笹田氏は鯨ベーコンを自作したこともあるとか。

壬生菜と油揚げの煮物はいつもの定番。摺り立てのゴマの香りも実によい。蛍イカ沖漬けは、もう春だなあと思う一品。

お造りは、マコカレイ、アオリイカ、北寄貝。白身は、タイもヒラメも卵を持って難しい時期だが、竹岡だというマコカレイはなかなか上質な脂。アオリもだんだんと大きくなってきたと。北寄貝は軽く湯振りしてある。

お椀はノドグロとシイタケ。出汁に溶ける脂が実に美味い。焼き物は、マナカツオの塩焼き。ずいぶん分厚く立派な身。マナカツオをここで食するのは多分初めてだが、身肉が素晴らしいのでそのまま塩焼きにすると決めたとのこと。付け合せには河豚の白子。酢橘を搾って。これは濃厚な旨み。

煮物はタケノコ。香り高い鰹節をかけて木の芽を添える。鹿児島だとのこと。コノコをもらってお酒フィニッシュ。

食事はいつも通り炊飯土釜で炊き上げた御飯。チリメンジャコとワサビ漬けで食べるのが美味い。自家製のお新香と赤出汁も結構。香ばしいオコゲをお代わりして。最後はいつもの冷製の白玉ぜんざい。香り高い煎茶と共に。

笹田夫妻の見送りを受けて店を出る。いつもながら実に美味かった。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック