97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
西大島「與兵衛」訪問
先週金曜日は、会社帰りに西大島まで出て「與兵衛」訪問。隅田川の向こう、オフィスからでも自宅からでも、西大島に出るのは若干交通が面倒。江東区というのは、南北の移動があまり便利ではない。ここの女将さんに言わせると、バスで移動するのがよいというのだが。平日に入店するのは実に久しぶりな気が。

まず、磯自慢大吟醸。口に含んだ瞬間に感じる米のふくよかな甘みが、すっとキレに変わる。最初に供されるのは牡蠣のスープ。寒い時期の定番だが、実に複雑な滋味。牡蠣も肉厚のぷりぷりした立派なもの。

いつも通り、お通しの一皿。お酒は十四代本丸に切り替え。海老頭、イカゲソづけ、ホタテ煮浸し、シャコ漬け込み、中トロヅケ炙り、ヒラメ縁側甘酢ヅケ。酒が進むなあ。本日はホタテ煮浸しにちゃんと柚子がかかっている(笑)

そして握りに。お茶に切り替え。ここのお茶と生姜にもいつも感心する。

ますマグロ赤身ヅケ。ヒラメは甘酢とゴマ醤油ヅケが1貫ずつ。甘酢には一味、ゴマ醤油には青葱を隠し味に。スミイカヅケ、海老はおぼろを噛ませて。

皮目を炙ったシマアジヅケは相変わらず香ばしい美味さ。北寄貝のフレッシュな甘みもよい。そして光り物連発で。カスゴ、コハダ。そして身肉に乗ったネットリした脂が舌の上で濃厚に溶けるイワシが素晴らしい。

ハマグリ、アナゴは年季の入ったツメをつけて。最後は小柱すりいれた玉子で〆。相変わらず、どこの店とも違う、オンリーワンの美味さ。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック