FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
橋下弁護士と「大阪お笑い百万票」の行方
橋下徹弁護士が大阪府知事選出馬表明。あれ? 「2万%無い」と、ついこの前まで出馬を否定してたんじゃなかったか。ずいぶんアタフタした迷走ぶり。TVでたまに見たことあるが、そもそも「調子乗り」で、人目を引くためだけの浮ついた発言が多い。頭のよい人物だとは思うが、実に軽薄な態度。逆にTVで人気者になるには、それが必須の要素なのだろう。しかし、決して政治家として信頼に足る人物ではないと思うがなあ。

TVで人気があるからといって、こんな人が当選するのも妙な話だと思うが、なにしろ大阪には、西川きよしを参議院に送り込み、横山ノックを府知事に選び、その他大勢のタレント候補を輩出する原動力となった、「大阪お笑い百万票」の伝統がある。結構票を集めるかもしれない。

歴史的に、「お上」や「権威」「官」を嫌う風土が大阪の特徴だが、判断が易きに流れると、「面白ければエエやんか」、「人気あるのに入れとくか」、「どーせ誰がやっても一緒やし」というエー加減な判断が優先されるところがある。

私も同じ関西人であるから、関西の土地柄や物の考え方には昔から慣れてるし、それはそれで、comfortableな一面もあるのだが、ノックを知事にするような投票行動については、昔から疑問を感じている。

大阪府民じゃないから、関係ないと言われれば関係ないのだが、まあ、TV人気だけで立候補するタレントを、別に知事にしなくてもよいのじゃないかと思うのだが。
関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック