97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
天麩羅 なかがわ
4/14、土曜の夜は、築地の「天麩羅なかがわ」。

7時からの予約だったがテーブル席も入ってカウンタも満席。日曜も満席だと。中川氏に「大繁盛だね」と声をかけると、「いや、本当にたまたまなんです」とずいぶん照れる。寡黙だが何か聞けばきちんと誠実に教えてくれる。真っ当な仕事で勝負する職人。明るい奥さんの客への目配りも利いている。天ぷらは寿司ほど頻繁に食さないが、やはりたまに行くならこんな店を応援したいなあ。

海老はいつも通り中心部分に絶妙に生の部分を残す揚げ方。これが美味い。最初は塩で次に天つゆで。キスも風味を生かした軽い揚げ。

しらうおは一匹ずつ薄い衣でカラッと揚げる。香り高い揚げたてを塩で食するのが美味い。タラの芽のほのかな苦みにも春が。

アオリイカはねっとりした甘味。稚鮎は蓼を入れただいこん卸しで食する。メゴチはギリギリまで水分を揚げ切って旨みを閉じ込めて。ビスケットのような香ばしい香りもよい。いつもながらアナゴも素晴らしい。

アスパラ、なす、原木しいたけと野菜が出て、最後は小柱の天丼を。赤出汁とお新香と共に。春の味を満喫して店を出た。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック