FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
小沢がクリーンな訳ではないが
陸山会事件、小沢氏に無罪…元秘書との共謀否定

小沢一郎の政治資金には大きな闇が存在すると思うが、政治資金収支報告書不実記載の共謀罪に問うのは検察も諦めた案件。やはり無理筋で、有罪に持ち込むのは困難だった。

もっとも、この判決によって、小沢一郎の政治資金がクリーンであると太鼓判が押されたわけではない。そのまま表には出せない出所不明の4億の金があり、その金の出所を隠すために、秘書が政治資金報告上で虚偽の記入をした事は裁判所が事実認定。この処理について小沢被告も了承したが、報告書の不実記載について小沢被告が共謀したことまでは立証できてないので無罪という判決。

もちろん小沢も公判の過程で自分自身を守るために大きなものを失った。以前、1円まで事務所費の領収書を公表し、私の政治資金には一点の曇りもないと豪語したが、今回共謀の疑惑を晴らすために、自分は政治資金収支報告書は一切見ておらず相談も受けていないと公判で主張せざるを得なかった。収支報告を一切見ずに、報告も受けていなかったのなら、一点の曇りもないとの発言は根拠が無かったと言われてもしかたがない。

判決は、小沢の「収支報告を一度も見たことがない」との証言について「およそ信用できない」と指摘し「政治資金規正法の精神に照らして芳しくない」とも断じている。

まあ、結論としては、小沢の金に確かに疑惑はあるが、政治資金報告書の不実記載で政治家を有罪にするのは実に難しいということ。大概は秘書がやったと主張するとそれで終わりだからなあ。これで小沢は力を取り戻し、民主党はまた大揺れ。合従連衡で、政界再編が進むかもしれないのはよいニュースか。

関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック