97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「しみづ」訪問
先週金曜の会社帰りに新橋「しみづ」訪問。GW以降初めての訪問だからちょっと間が空いた。

「しみづ」は毎年、GWもお盆も営業しているのが名物だったのだが、今年はなんとお盆営業しないとのこと。外せない法事があって休まざるをえないらしいが、開店以来お盆に休むのは初めてとのこと。この時期は他の寿司屋も大概閉まっており、ここを頼りにしてる人もいるだろうから、今年は寿司難民が出そうだなあ。

いつもは常温の「白鷹」だが、気温が高くなってくると、若干飲み口が重く感じる。この日は冷えた「天遊林」に切り替え。まあ好き好きだが、こちらの酒のほうが口当たりが軽く香りがある。いつも通り最初はおまかせでつまみを。

白身のカレイは旨みが増してきた。タコは塩で。カツオの脂の乗りはこれからが本番というが爽やかな旨み、生姜醤油で。アオリイカは細かく包丁を入れ、塩を振ってからウニを乗せる。

海の滋味を一杯に含んだ立派なアワビ。肝も添えて。大きさはまだまだこれからだと。漬け込みのシャコ。アジはふっくらした脂が乗る。

ハマグリ、トリ貝、赤貝もヒモと共に。貝が揃うシーズンもそろそろ終り。名残惜しいが、四季の移ろいはまた愛でるべきものでもあるわけで。カスゴを貰ってつまみ終了。

握りはいつもの通り。しっとりした旨味のあるマグロ赤身、中トロ、コハダはだんだん脂が抜けて来たというがまだ大丈夫。しかし来月半ばにはもう新子が出てくるからなあ。アナゴはこれから脂が更に乗る。塩とツメで。カンピョウ巻半分で〆。

久しぶりに目の前の「P.M.9」訪問。まずいつものドライ・マティーニを一杯。「しみづ」と「久」が休むお盆はこの店も休むのかと聞くと、バーテンダーM氏だけで営業するとのこと。歩合ではなく給料制で働いてるというから、休んだらよさそうなものだが従業員の鏡ではないか。偉いぞ(笑)

サントリーが作成した「白州バーマップ」なる小冊子を貰う。銀座、新橋エリアの本格バーを写真入りで掲載。「P.M.9」以外にも、バーテンダーM氏が修行した「絵里香」なども載っている。この冊子片手にあちこち訪問するのもいいなあ。しかし肝臓が持たないな(笑) その後、山崎、ラフロイグと貰う。

後から入店したお客さんに、強いお酒を飲まれてますが食事は済まされたのですか、と訊かれたので、目の前の「しみづ」で寿司食べてからから寄ると、またここの酒が実に美味いんですよと、根拠不明のセールス・トークをしておいた(笑)

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ハマグリが塩を食べる姿がシュール口を閉じて、じっと動かないと思われた貝が、こんなにも大胆に、塩を食べるとは……。あまりにもシュール。でも、生きているんだね。おいしそうって思ってごめんなさい。
2012/07/12(木) 12:00:37 | 映像トピックス【バックナンバー】