97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「しみづ」と「久」の週末
金曜の夜は、会社帰りに「しみづ」。

当日電話したら、6時半からなら空くというので、先に「P.M.9」にて時間調整の一杯。バーテンダーM氏によると、「最多来店記録F氏」が「しみづ」にいるとの事。そうするとF氏がこちらに来たら席が空いたということだなと、待ちつつ、ジンフィズを一杯。そして2杯目に「白州」のハイボール。そうこうするうちにF氏が顔を出したので、もう席が空いたかと入れ替わりに「しみづ」に。

お酒は冷たい天遊林。2杯目は最近置いたという新しいお酒。名前失念。

お通しはシラスおろし。先日入った新しいお弟子さんは、お客さん扱いから脱して、あれこれ叱られながら仕事するまでに成長(笑)頑張ってもらいたいもんだが。

白身はカレイ。立派なタコ。カツオは爽やかな脂。アオリイカ。シャコ。これまた立派なアワビは肝を添えて。そろそろ名残のトリ貝。青柳、ミル貝。カスゴ塩焼きももらってつまみ終了。握りはいつもの通り。赤身、中トロ、コハダ、アナゴ、カンピョウ巻半分。


土曜日はゴルフから戻ってしばし休息して夕食はどこにしようか思案。「新ばし 久」に電話したら空いてるというので席を確保。新橋にはタクシーで。途中「しみづ」を外から覗くと、昨日に続いて最多来店記録F氏がカウンタにいるのを発見。精勤ですなあ(笑)

「久」に入店して最初に生ビール一杯。日本酒は、「獺祭(だっさい) 純米大吟醸 発泡にごり酒」。

先付けは、温泉玉子に湯葉、海老、ナス、ミニトマト、山菜をあしらった小鉢。お造りは、鯛、メジマグロ、ホタルイカ、トリ貝。この店ではマグロはメジしか使わないのだが、これはこれでサッパリした風味で美味い。

お椀は、アマダイとじゅんさい。魚料理は、太刀魚付け焼き。ふっくらした脂の旨み。肉料理は栃木和牛の花山椒煮。花山椒の上品で鮮烈な香りが牛の脂とよく合う。

最後は炊飯土鍋で炊いた御飯。削り立ての鰹節をかけて。お代わりはお焦げをもらう。やはり日本人ならパンじゃなくて御飯だよなあ。

「久」を出てから「P.M.9」に。案の定F氏がすでに「しみづ」を出てカウンタに。2日連続で顔を合わせたことになる。女将さんともあれこれ雑談して盛り上がる。マティーニの後、シングルモルト、そして更に軽めのカクテルを何杯か。すっかり酩酊してタクシー帰宅。それにしても、「しみづ」グループにずいぶん精勤した週末だなあ(笑)

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック