97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「京の里」で鱧を
水曜日、なぜか急に鱧が食べたくなった。そういえば、外堀通り沿いにある「京の里」に鱧の看板が出ていたと思い出して飛び込みで。ここは前から場所だけは知ってるのだが入るのは初めて。

地下の店は、カウンタと小上がりがひとつ。店にはだいぶ年季が入ってるのだが、なんでも東京オリンピックの頃から営業しているとか。カウンタ内に料理人2名。ピカピカの店もよいが、この手の年季の入った店も、なんだか落ち着くよなあ。

ビールをグラス一杯もらったところで、先付けが出てくる。冷えた魚そうめん、芋茎の煮物。どちらも夏の京料理の名物。

コースもあるようだが、竹皮に書かれた献立を検討してアラカルトで頼むことに。刺身、焼き物、煮物から各1品ずつ注文。タイミングを見計らって一品ずつ出されるのは居酒屋とは違うところ。

鱧の落としは梅肉ソースで。夏の味だ。この季節にはサッパリしてよい。ぐじ塩焼きは、ふっくらとした脂が身肉に乗ってなかなか旨い。棒だらと水ナスの煮物は濃厚な味付け。純米吟醸の冷酒を3杯飲んで、9000円。大変リーズナブル。まあ値段からして「笹田」と比べてはちょっと気の毒だが、それでもそのへんの居酒屋を遥かに超えるきちんと仕事した料理が出てくる。

カウンタの料理屋で、好みのものを注文してさっと飲んで帰るというのもなかなかよいものですな。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック