97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
文春「小沢離婚記事」を読んだ
週刊文春の「小沢離婚記事」を読んだ。小沢の奥さんが後援者に送ったという手紙を掲載。手紙は、小沢の隠し子と愛人に関する不実をなじり、放射能が怖くて国会にも出ずに家に閉じこもり、果ては東京から逃げ出し、被災地である地元を一切顧みなかった小沢に愛想が尽きて離婚しましたという内容。

まあ、文春は、おしどりマコの甲状腺検査に関するデマ記事を掲載するなど、時折デマがあるので信用できない部分もある。しかし、小沢の人間性が最低であることは、様々な著者による「小沢本」にも共通に書いてあることで、この日記の過去ログでも何冊も感想を書いた。手紙に書いてある事には信憑性を感じる。

放射能が怖くて国会審議にも出ず家に閉じこもり、3月後半に逃げ出したという「放射脳」ぶりも、そういえば福一事故後しばらく経ってから、「チェルノの何倍ものウランが~」とか頓珍漢な発言してたし、ヘンな情報源の恐怖デマを信じてたように思えるから、この狼狽ぶりも本当かもしれない。なにしろ事故後に動静が分からず地元の被害状況すら視察してないのだから、案外この手紙は本物かもなあ。

隠し子はともかく、赤坂の料亭の娘と結婚しようとして角栄に止められたというのは、他の「小沢本」でも触れられている有名な話。離婚話も確かにその通りかもしれない。

まあ、小沢は、たまたま角栄と金丸に可愛がられて出世したが、もともと人徳が無い人間。政治家として評価する向きもあるようだが、党利党略と選挙にしか関心がない党人派。政策面では大した実績が無い。壊し屋=改革派ではなく、逆らうものがいたらふてくされて、党を割ることを繰り返してきただけだしなあ。

まあ、手紙の真偽が明らかになる状況が来るかどうかは興味深い。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
文春とか新潮とか個人的にはスーパーレジのタブロイド新聞的な位置づけなんですけど、手紙に書かれた小沢の人間性って100人が100人「ああ、やっぱり!!」って感じでツボを突いてきますねぇ(笑)

万が一偽物(模造)だとしても、「情報提供者に騙された弊社記者も被害者です・・」的なオチつけられそうで
2012/06/15(金) 09:31:47 | URL | taka #xJy3ruYo[ 編集]
なにしろ週刊文春の書いていることなので
手紙に書かれた内容があまりに我らが考えて来たステレオタイプな小沢氏そのものなのと、別居しているのに妙に小沢氏の動静に詳しいこととか、いろいろとおかしい点があり、手紙は偽物の可能性が高いと思います。
週刊文春は持ち込まれた怪しいネタを裏付けも取らずに記事にする、と文芸春秋の編集長が嘆いていたことがありますが、今回もそのたぐいでは。
私は小沢氏は嫌いですし、こういう記事が出るのも広い意味での「身から出た錆」とは思いますけど、だからと言って週刊誌が何を書いてもいいというわけではないとは思います。
2012/06/15(金) 11:51:47 | URL | 九州人 #mQop/nM.[ 編集]
>taka様

そうなんです、手紙に書かれた人間性が評判そのままの嫌なヤツなんで、ちょっとつじつまが合い過ぎるという部分があるんですよねえ。

妙にリアルなのは、放射能を恐れた小沢が家に閉じこもり、「塩を買い占めさせた」と云う部分。明らかに無駄な対策ですが、何らかのデマを信じた小沢の「放射脳」らしい知識の無さが浮き彫りに。捏造でこんなリアルなデティルが描けるかなあとも思ったり。

2012/06/15(金) 19:42:18 | URL |  Y. Horiucci #-[ 編集]
>九州人様

そうですね、週刊文春は嘘つきの上杉隆の記事もポンポン載せてましたから。本来ならば奥さん自身の、これが自らの手紙だという裏をとらねばならないのですが、それがありませんね。

ただ手紙そのものの捏造は、チャランポランなデマではなく、私文書偽造にあたるので、そこまでやってる者がいるのかと思ったり。

まあ、いずれ批判報道が出てくるでしょうが。たぶん、今、週刊新潮が必死で裏取ってるでしょうね。

2012/06/15(金) 19:45:11 | URL |  Y. Horiucci #-[ 編集]
これは酷いガセネタだなぁ
こんなウソ記事を書いて社会に混乱を招くような事をする記者や出版社は抹殺されるべきだ
ぜひ裁判で訴えましょうよ

ねえ信者のみなさん?
もちろん訴えますよね?ガセネタなんだから
2012/06/19(火) 02:24:40 | URL | 名無しさん@ニュース2ちゃん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック