97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
小沢妻「離縁状」は本物か
先週の週刊文春は、小沢離婚手紙に加えて、AKB指原の男性問題という大爆弾もあって完売したとか。今週号は本日発売だったが、巨人原監督が女性問題で暴力団に1億円払ってたと巻頭記事でぶち上げて、これまたスクープ。なんだか最近、昔あった「噂の真相」みたいな週刊誌になってきたな(笑)

小沢離婚問題についても、「小沢妻「離縁状」の衝撃」として識者のインタビューを掲載した追撃記事あり。立花隆は「小沢の謎がすべて解けた」という記事で、地元を放り出して放射能恐怖症におちいった小沢一郎は、政治家としてもうおしまいだと断じ、小沢控訴審で夫人に証言してほしいとまで述べている。他の寄稿者も、「小沢には脱原発を語る資格はない」、「これは平成の「ハチの一刺し」だ」と言いたい放題。

しかし、まあ、あの手紙に描かれた小沢像は確かに頷けるものではあるものの、手紙自体が本物かどうかがまだ検証されていない。手紙が贋作だったら、これらの小沢批判の拠って立つ根拠がガラガラ崩れ去ることになってしまうのだが。

ただ、当の小沢の奥さんがまったく沈黙を守っているのも不思議な話。もしもこれが誰かが作成したニセ物ならば、代理人を通じてでも否定すればよい。しかしそんな動きもない。そこが若干解せない。この手紙の真偽が明らかになる時が来るのだろうか。



関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック