97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「うまいもん探偵の味噺―神戸のグルメ今昔」
「うまいもん探偵の味噺―神戸のグルメ今昔」

三宮のジュンク堂書店で購入した本。

本屋にも地方色があって、ぶらぶらとその地域の事を書いた本を探すのが楽しい。逆に、最近ホイチョイ・プロダクションが出したガイドなんかは、内容が東京エリア中心だからか神戸の本屋では平積みになっていなかったなあ。

この本は、食べ歩きが大好きな「うまいもん探偵」達が、長年調査した神戸グルメの今昔を語るという本。この「探偵」達は、語る逸話をからするに実に年季の入ったオッサン達で、昭和一桁あるいは戦前生まれがほとんどではないだろうか。古い名店には、「親父に連れられて行った」と述懐している人も多いから、いいとこのボンボンが旦那になって、鷹揚に食べ歩いた思い出を語る座談会のごとき本。

コスパがどうとか、料理人の人間性がどうのこうのとかいう下賤な悪口が一切出てこないのも好ましい。これは、この「うまいもん探偵」達の育ちがよいせいだな、きっと(笑)

まあ、コストパフォーマンスに関しては、もともと関西の飲食店は、値段がリーズナブルなのが生き延びる最低条件。勘定がムヤミにに高い店は、ごく一時は珍奇にもてはやされても、結局生き残れないという事情もある。

「神戸グルメ今昔」と副題にあるだけあって、今はもう無き名店も多数。しかし、私が知ってる店はごく少しで、まったく知らない店が多数掲載されているから、この「食べ歩き界」というのも奥が深いですなあ。

行ったことがある店は数えるほどだが、その評価は実に納得行くものばかり。しゃぶしゃぶ「とけいや」、ステーキ「あら皮」、「北野クラブ」、とんかつ「武蔵」、ステーキの「みその」、広東料理「別館牡丹園」、インド料理「ゲイロード」などなど。実に懐かしいなあ。

神戸は小さな都市だが、コンパクトにまとまっていて街中の移動も楽。どこに行っても極端な混雑は無いし、飲食店もなんでも揃っている。江戸前寿司が無いのが残念ではあるが、老後は懐かしい神戸に戻って過ごすか(笑)


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/07/21(土) 22:23:31 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック