FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
新東名高速は走りやすく安全な道
走りやすい新東名、速度違反が東名の1・5倍

新東名の開通から3か月。速度違反取り締まり件数は計3,381件。同時期の東名の約1.5倍に上ったので、静岡県警は、覆面パトの更なる投入など取り締まりを強化するというお話。

しかし、事故そのものはというと、開通日からの3か月間で計291件。このうち人身事故は39件で、重軽傷者は73人。同時期の東名の交通事故は394件で、うち人身事故は57件(死者1人、重軽傷者89人)。

これを虚心に考えると、新東名のほうが東名よりも速度を出しており、しかし事故が少ないということ。取り締まりを強化するよりも、制限速度を東名よりも上げて大丈夫というだけの話ではないかねえ。

静岡県警によると、速度違反が多いのは「道路がまっすぐで広く、走りやすいため」だとか。走りやすくて速度出るから取締りしてやろうというのが、いかにも警察の発想。走りやすく安全な道なのだから、制限速度上げても大丈夫だろうという方向には行かないんだなあ。
関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック