97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「京の里」で一杯
水曜夜は会社帰りに、西新橋「京の里」で一杯。

最初に生ビールをグラスでもらってメニュー検討。お通しが2品出てくる。鱧そうめんは、上品な味の鱧のかまぼこが素麺状になっている。冷たい出汁で。京都から取り寄せてるとのこと。もう一皿は、木の芽が効いた白身の手毬寿司、ユリ根の梅肉和え、大根のもろみ添えの盛り合わせ。玉の光純米吟醸を冷酒で貰って。

料理は、鱧の落とし、鮎塩焼き、水ナスの煮物を注文。ほとんど前回と同じだな(笑)。鱧落としは梅肉ソースと山葵醤油で食べ比べ。卸したての山葵だけでも酒のつまみに好適。鮎はかなり大型。香ばしく焼き上がったものを蓼酢で。はらわたの爽やかな苦み。水茄子は棒だらと濃厚な味に煮込む。夏の味ですなあ。

カウンタで一杯やってから外に出てみるとまだ外は明るい。ホロ酔いでのんびり帰るのも実に結構。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック