FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
西大島「與兵衛」訪問
4日の土曜日は、久々に西大島「與兵衛」。店に行く途中で乗った都営新宿線は、浴衣姿のカップルや家族連れで土曜日夜にもかかわらず大混雑。何事かと思ったら、なんでも江戸川の花火大会があったらしい。

店に到着するとこの日の夜は私の他にはもう一組だけ。珍しいがやはり連日のオリンピック中継の影響もあるだろうか。親方や奥さんとあれこれ雑談しながら、まずギネスを一杯。その後、冷酒に。本日の大吟醸は磯自慢。

お通しの皿は、海老頭ヅケ、カレイ縁側の甘酢ヅケ、ホタテ煮浸し、漬け込みのシャコ、アワビ塩蒸し肝添え、中トロ炙りヅケ。

ここのシャコはいつも実に柔らかくあがっている。アワビ塩蒸しが供されるのは夏の時期だけだが、これがまた滋味深い。

お通しが終了したところでぼつぼつ握りに。

マグロヅケ、カレイ甘酢ヅケ、イカ、カレイゴマ醤油ヅケ、皮目を炙ったシマアジなどはいつもの定番。硬めに炊き上げられた艶々した酢飯が、寿司種と混然一体となって口中で崩れる。

小柱はヅケにしてあるが、ひとつずつ包丁で開いて握りに。甘酢に潜らせた北寄貝も独特の甘みあり。海老はおぼろをかませて握る。

そして光り物の連続技。キス、アジ、イワシと脂がだんだんと濃くなり、〆も強くなってくる味のグラデーションを楽しむ。種札には無いがサバがあるとのことでこれも一貫。光り物の種類が多いと、なんだか得した気分だな(笑)。

ハマグリ、そして白くふっくらと煮上がったこれまた独特のアナゴには、コクのあるツメを。最後はしっとりした玉子焼きで〆。與兵衛独特の個性ある寿司を堪能した。
関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック