FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「しみづ」2連投 
木曜夜は会社帰りに「しみづ」。早めに一杯飲んで帰宅して、早めに寝て、オリンピック女子サッカー決勝を見るという計画。

お酒は冷たいのを。三重の天遊林。おまかせで切ってもらう。白身はカレイと鯛。どちらも旨み十分。アオリイカ、タコ。

スミイカの新子も既に九州産が出てるらしいが、この店で使い出すのはもう少し後。ネットリした旨みのカツオは辛子醤油で食する。塩蒸しアワビは旨み十分。脂の乗ったアジは生姜醤油で。ミル貝にトリ貝。大ぶりのシャコ、九州のウニ。

この辺りでお茶に切り替えて握りに。マグロは、赤身、中トロ、大トロと脂の具合を変えて3貫。どれもしっとりとして香りと旨みがある。コハダは2枚漬けの新子。だんだんとサイズが大きくなってきて、ギリギリこの店の締め方で使えるくらいになってきた。爽やかな香りとサッパリとした旨み。アナゴは塩とツメで1貫ずつ。舌の上でとろける美味さ。最後はカンピョウ巻半分もらって〆。夏の種の美味さ満喫。


本日昼は、なぜか突然握りが食したくなり、「しみづ」に電話。最初にビール小瓶1本だけもらって最初から握ってもらう。

まずカレイ、そして細かく包丁を入れたアオリイカ。最初から握りを食すると、白身とイカでこの店独特の塩と酢の立った重たい酢飯の旨みがガツンと感じられる。

マグロの中トロは、しっとりした旨みが酢飯に溶けて崩れる。皮目を炙った香りのよいカツオは辛子をかませて。コハダ新子は2枚づけ。昨今はメダカのようなのを握るのが流行りだが、昔風の新子の大きさ。アジは肉厚で実によく脂が乗っている。あわび塩蒸しも美味いが、いつもつまみで肉厚のを食べなれてるせいか、握りにすると、旨みが若干酢飯に負けるような。

茹で上げの車海老は実に立派なサイズ。包丁で2つに割って供する。ミル貝、カスゴ。唐津のウニは軍艦ではなく握りで。ウニについては先入観があるからかもしれないが、塩と酢の立った酢飯は若干合わない気がしないでもない。アナゴは、塩とツメで1貫ずつ。カンピョウ巻を半分もらって〆。

このお店は開店以来、お盆はずっと営業してたのだが、今年は法事があるとのことで初めてのお休み。来週の月曜から木曜まで。お盆は「しみづ」が営業してるということは、結構知れ渡ってるから、来週辺り飛び込みで電話してびっくりする人もいるのでは。まあ、年中無休のチェイン店や回転するところは営業してるのだが。お弟子さんはお盆休むとかえって身体壊すのでは(笑)

たまには最初から握りというのもよいなあと再確認して店を出た。
関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック