97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新橋鶴八」
月曜は会社帰りに「新橋鶴八」。

当日の電話で席を確保したが、カウンタは、ほぼ満席状態。

お酒は冷たい菊正をもらって、つまみを切ってもらう。まずカレイ。厚みある立派な身で旨みあり。アワビ塩蒸しも実に立派なもの。アジも肉厚で旨みあり。サバも脂というより旨みがあるのだった。お盆休みに飲み過ぎた疲れが出たのか、眼鏡のお弟子さんに「珍しく顔が赤くなってますね」と言われる。確かに酒が回ったなあ(笑)

握りはまず中トロを2。コハダは1枚づけの新子と分厚い身のものと1貫ずつ。新子も爽やかな香りだが、塩と酢〆でネットリとした旨みが引き出されたコハダの旨みはやはりこの店独特で比類がない。

アナゴはツメで。冬場は軽く炙るのだが、今の身はトロトロでそのまま握る。これも美味い。お椀はいつもと違ってつみれ汁。ハマグリは小さなのしかなく切らしてるとのこと。最後のカンピョウ巻をもらって〆。いつものように美味い。それがよい。



関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック