97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
懐かしのWonton Gourmet
時折、アメリカで食べてた物が無性に食べたくなる時がある。

シカゴ郊外、Elmhurstにあった「Wonton Gourmet」の香港風ワンタン麺なんかもそうだなあ。

澄んだスープが素晴らしく美味い。夏場に、ゴルフの打ちっぱなしなんかに行った後に行って、Shrimp Won TonとRoast Duckのヌードルスープを注文し、冷えたチンタオ・ビールを飲む。ローストしたDuckがまた風味があって美味いのだ。

この店を知ったのは最初の駐在の時だからもう10年以上前。以前はもっと小さな店で、小柄な中国人のバア様が鍋の前、一人で獅子奮迅の働きで作っていた。しかし大当たりして席数の多い一軒家のレストランに。

若貴の若乃花兄貴に似た角刈りの中国人ウエイターがいて、頼まなくともチンタオ・ビール持って来たもんだった。懐かしいなあ。日本でも似たような中国麺を出すところがないだろうか。今度探してみないと。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
香港麺 新記
Horiuchiさん、こんばんは。

アメリカで食べられていたものと同じものか分かりませんが、都内数ヶ所に店舗がある「香港麺 新記」のワンタン麺は海老入りワンタンです。
私は香港に10年ほど住んでいたことがありますが、この店の海老入りワンタン麺は当地のものにかなり近いと思いました。
注文の時に麺の種類を「香港麺(100円増し)」に指定すると、当地と同じ細い独特の食感の麺になります。

http://www.honkonmen-shinki.jp/menu/index.php
2012/08/29(水) 20:52:33 | URL | Maru #USldnCAg[ 編集]
香港麺
horiucciさま、
おっしゃるように昔外国駐在中に食べたもので無性に思い出すものがありますね。
小生も麺類が好きで、ロンドン、パリにいたときは現地の中華街でワンタンやダック麺を堪能しました。
 後年駐在した香港(5年弱)では、roast goose麺(飯)が特に気に入り随分食べました。中環街市そばの「金華」という店で、行くと同じようにビール(サンミゲル)が黙って出てきました。中国人はどこに行っても気が利くようですね。ほんと、手近に食べられる店があるといいなと思います。
2012/08/30(木) 08:33:35 | URL | in・go uncle #-[ 編集]
>Maru様

香港麺 新記は、調べてみると結構近くにあったのでした。昼は混んでるようなので、今度夜にでも試してみたいと思います。

写真見る限りでは、割とトンコツ風にスープが濁ってる印象なんですが、あれは写真の問題ですかねえ。

ご教示ありがとうございます。
2012/08/30(木) 22:29:02 | URL |  Y. Horiucci #-[ 編集]
> ingo uncle様

海外でよく食してたものというのは、結構懐かしく記憶に残りますよねえ。まあ、帰国するともう手軽に同じ味が手に入らないので余計にそう思うのかもしれませんが。



2012/08/30(木) 22:33:16 | URL |  Y. Horiucci #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック