97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「天麩羅 なかがわ」訪問
2日の日曜日は、築地「天麩羅 なかがわ」訪問。久しぶりだ。 最初にビールで喉をうるおす。お通しは枝豆。

いつも座るのは中川氏の面前だが、今回は予約の具合で野菜が積んであるほうのカウンタに着席。こちらに座るのは初めてだが、手元と揚げる仕事の具合が見えて、なかなか興味深い。寿司屋でいうと、「與兵衛」や「つかさ」で辺の短い側のカウンタに座ったような感じだな。

いつも通りおまかせを。ビールの後は冷の日本酒で。ここは徳利も1本1本、趣のある焼き物でなかなか風情がある。

まずエビが2。中心に生の風味を残した絶妙な揚げ。頭は最後まで揚げ切って味噌の甘みを出す。キスは海老よりも強く火を入れるが身肉はふんわりと旨みを凝縮した揚げ切り。レンコンが一片。

ここでスミイカ。見ていると揚げる時間は意外なほど短い。ほとんどさっと薄い衣に火が通ったら鍋から上げるような。まだ小型だがだんだんと肉厚になってきましたと中川氏。一見寡黙に見える職人だが、天種について問うと、なんでも嬉しそうに答えてくれる。仕入にも自信を持って真面目に仕事していることが応対からも伺えるのだった。スカッと噛み切れる歯応えと淡い甘みがいかにもスミイカ。

能登からだという岩牡蠣は実に肉厚な身。これも中心部は生の風味を残す。酢橘を添えて、塩で頂く。めごちは旨みを凝縮して、しっかりとした揚げ切り。香ばしい衣に身肉の旨みが一杯につまっている。青とうがらしの後で、これも定番のアナゴ。いつも何気なく美味い美味いと食べてるが、寿司種にしたら6貫分くらいあるんじゃないかな。

最後に野菜を。アスパラ、なす、さつまいも、しいたけと。最後の〆はいつも通り貝柱のかき揚げを乗せた天丼で。一度くらい天茶を試そうといつも思ってるのだが、つい天丼を頼んでしまうなあ。シジミの赤出汁も実に美味い。

久々の天ぷらを堪能した。「今度来られる時は松茸ですね」と中川氏が。そうだ、そろそろ松茸だなあ。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック