97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「アベンジャーズ」
日曜の午後に「アベンジャーズ」観賞。マーベル・コミックスのヒーロー総出演という企画物で、アメリカでは記録的大ヒットだったらしい。しかし日本ではアメコミのヒーローは当たらないというのが通説だからなあ。



主人公として登場するキャラで映画を観たことあるのは、「アイアンマン」(それも第一作のみ)だけ。キャプテン・アメリカは予告編は見かけたが、本編は観ていない。ハルクの名前とキャラクターはアメリカに居た頃、TVなどで一瞬目にしたことあるが、物語そのものはひとつも知らない。急に緑の大男に変身するんだよなあ、確か。知識はそんな程度。

金槌みたいなものを持ってる「神様」は、今まで一度も名前すら聞いたことないが、あれはいったい誰だ(笑)。弓矢の男やスパイの女も、さっぱり知らないなあ。まあ、アメリカには住んでたものの、アメコミは読んでないし、この面での常識には疎い(笑)

もっとも、映画のストーリーは、一応予備知識なくともある程度は分かるようになっている。四角四面の堅物であるキャプテン・アメリカと、天才で遊び人のアイアンマンがそりの合わないところや、寄せ集めのヒーロー達の疑心暗鬼と仲たがい描写はよくできており、これはこれで面白かった。ただ、オリジナルを知ってるとおそろらく大受けするのだろうと思われるくすぐりの部分をサッパリ知らないからなあ。

例えば変身したハルクは、女スパイを襲ってくるのだが、あれはいったい何の因縁か。弓矢の男と女スパイにも何らかの因果因縁関係がありそうだが、いったい何だったのか。キャプテン・アメリカは盾くらいしか持ってないのだが、あれにも何らかの意味がありそうだ。

それにしても、ハルクが、あんなに道理が通じず暴れまわる分からずやの野獣だったのは驚きだったし、後半で急に道理が通じるのもまた驚きというか(笑)あんな輩だったんだ。ヒーローというより単なるアホですがな(笑) 金槌の神様は、神様という割には、重たい金槌よく持てるなという程度で、他の活躍は大したことがなかった。

ストーリーとしてはさすがに巧く観客にカタルシスを与えるようにできており、それなりに感心した。3DもNYを破壊しつくす空からの侵略に関しても迫力あり。まあ、もっと予備知識があれば、楽屋ネタみたいなものでもっと楽しめたのだろうけれども、こればっかりはおいそれとギャップは埋まらない。日本で興行成績がどれだけ行くかは興味深いところ。






関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
日本でいえば仮面ライダーとウルトラマンと桃太郎が手を取り合って悪と戦う的な感じですからねぇ。

それぞれのスケールが違うからどう合わせこむのか興味津々でしたが、それなりに上手いこと納めてるっぽいですね。

言ってしまえば「神様サイキョー」な気もしますけどね(笑)。

マーベルヒーローズは熱心ではないにしても駐在中ちょこちょこみてたので個人的には結構楽しいです。それぞれのヒーローの背景を知ってると3倍は楽しめそうですよ。

なにしろあいつら、ヒーロー協会の「本家」をめぐって争い起こすようなやつらだしなぁ(笑)
2012/09/11(火) 13:52:05 | URL | taka #xJy3ruYo[ 編集]
>アメリカでは記録的大ヒット
アメリカでは、5月に公開だったんだけど9月だというのにまだ公開してるところあります、イリノイ大学近くの映画館でもまだ公開中ですね。ちなみに7月公開だったダークナイトライジングも。
ビギンズもダークナイトも観て、もう十分かなと思って ダークナイトライジングは観てないですが、もしゴードン(ゲイリー・オールドマン)の出番多いようなら今からでも観てみたいと思うのですが…。
2012/09/11(火) 16:07:56 | URL | maru #pcqW7CJ.[ 編集]
>taka様

そうですね、仮面ライダーやウルトラマンは言いえて妙ですね(笑) 外国人にはちょっと懐かしさにおいて分からないというか。

しかし、知らない人にも、それなりにちゃんと理解できるように演出はされて気が。ハリウッド・ムービーは世界的商売ですものね。

ただ、やはりマーベル・コミックスの世界を知らないと、奥底までの楽しさは減じとは思いましたねえ。

2012/09/11(火) 21:55:04 | URL |  Y. Horiucci #-[ 編集]
>maru様

ゲイリー・オールドマンは、ライジンズでも結構出てるのですが、ビギンズの時から、「え、これがオールドマンなの?」という毒やひねりの無い役でしたから、もしもファンだったらどうですかねえ。

同じ警察の役では、個人的には、「レオン」(英語ではThe Professionalでしたっけ)の頭のちょっとおかしい麻薬捜査の警部がよかったですねえ。

2012/09/11(火) 22:05:24 | URL |  Y. Horiucci #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック