FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
iPhone5 とiOS6の地図サービス
昨日の午前、iPhone5持って都内をちょっとブラブラしたが、auのLTEは結構どこでも受信できる。本日はオフィスでもLTE接続に問題ないことを確認。3Gよりもずっと早く、サクサク動いて快適だ。

何本か電話をかけたが通話品質も問題ない。というか、なぜか前のガラケーよりもクリアに聞こえる。LTE回線を使用してることと関係あるだろうか。

まあ電池に関しては使えば減るということで、待ち受けだけだったau携帯よりももちろん消費は早いが、iPod touchよりは持つ。

全般に、au携帯+iPod touch+Docomoルータよりも優れており、乗り替えて正解だった。

たったひとつ残念なのはiOS6の地図データがスカスカなところ。アップル提供の地図は、Google Mapというのは本当に素晴らしかったなあと思い出させてくれる出来。もちろんGoogle Mapはブラウザで開けるようホーム画面に早速追加。

車社会アメリカなら、この程度の情報でも使い物になるだろう。ただ日本の都市に関しては、町名や地番の表示、ビルの名前表示等がないと、実際の役には立たない。なぜか埒もない飲食店情報だけがやたら表示されるだのが、これもいったい何の基準で選択しているのかサッパリ分からない。しかもデータが古く、うちのオフィスの回りだけでもすでに閉店したところが何軒も表示されている。いったいどこのデータを持って来たのだろう。

Googleを捨てて自社サービスに移行し、前よりも格段に悪くなってしまったというのは、お笑いのような大失敗だが、まあ時間かければ改善されてゆくだろう。ただ地図というのはデータの蓄積が命だし、ストリービューもあるから、Googleに頭下げて元に戻すのが一番早く顧客も満足する解決のようにも思えるけどねえ。顧客はアップルの地図を見たいのではなく、ただ使いやすい地図を見たいだけの話なんだから。


関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック