97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「好きな映画を雑に紹介する」
Twitterのハッシュタグにはなかなか面白いものがある。

「好きな映画を雑に紹介する」というのは、なかなか面白くて昨夜だいぶ時間使って自分でも投稿した。

題名通り、映画の紹介文を書くのだが、「雑に」というのがポイント。逐語的にあらすじを要約しても面白くもなんともない。印象に残った一場面だけを切り取っても含蓄がない。

単なる映画の要約ではなく、わざとアバウトでエー加減な言葉や表現を使い、しかし原作全体のエッセンスを彷彿とさせねばならない。これは意外に難しい。検索結果で出てくるのも玉石混淆だが、やってみると分かるが、面白いものを書くのが難しいのだった。

私が特に笑ったtweetはこんなの。全ての映画が分かるだろうか。


  • 鬼軍曹、鍛えたデブに撃たれる
  • 友達4人と死体探しに行って、帰ってくる
  • 宇宙人のくせにウイルス対策してない情弱だった
  • 嫁がそっけないと思ったら俺が死んでた!
  • 密林でお山の大将やってるデブを殺しに川を遡る
  • 宇宙でどんぱち。敵が父親で恋したのが妹だった。
  • フロド指輪捨てにいくってよ
  • 指輪を火口に捨てにいくだけの簡単なお仕事のはずなのにどうしてこうなった
  • じいさんトラクターで弟に会いに行く

どれもよくできてるなあ(笑)探せばtweetのオリジナルがすぐに見つかるだろう。

私も何作かトライしてみたが、やはり説明的になり過ぎて、上記の名作にはかなわない

  • 運転上手い男が、アパートメント隣の人妻に惚れたら、ろくでなしの旦那がムショから出てきて、エライ事に。
  • 自由の女神の頭がボーンとビルの前に落っこちて来て、後はもうテンヤワンヤ
  • ピンポンするアメリカ版わらしべ長者。
  • 新聞王が臨終の際に漏らした一言がもう、気になって気になって。
  • 飛来した巨大UFOとオルガンで交信
  • 精神病院で暴れたらロボトミーされ、インディアンが脱走。

ま、やはり自分のはイマイチだね。どれも有名な映画だが、分からないという場合にはメールでお尋ね頂ければ、私の紹介が拙劣だったということで、名前をお教えします。はは。

ま、しかし、ネットによる知の集積には、到底敵わないのだった(笑)。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック