97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新ばし 久」
木曜日は会社帰りに「新ばし 久」。

生ビールを小さなグラスで貰ってから、日本酒に切り替え。まず佐賀の「鍋島」大吟醸。品評会の受賞歴から近年ずいぶん人気の出た蔵だとか。さらっとした飲み口だが米の旨みを感じる酒。二杯目からは「常山」に切り替え。

先付けは、まず茹でた姫サザエとアナゴ飯蒸し。刺身はヒラメ、メジマグロ、鯖。メジはあまり脂が乗ってないが、ヒラメは上質な旨み。脂の乗ったサバは皮目を焼き霜にして。

お椀は、れんこん餅。さっと揚げた銀杏、蟹肉、焼いた松茸をあしらって。れんこん餅というのは、不思議な食感だが、なかなか旨い。

魚は鯛の腹部分のアラ炊き。しっかり味がついており、お酒が進む。肉はここの得意料理であるローストビーフ。フライパンで焼き目をつけた塊をさっとオーブンで熱を通すのだが、肉の香りが立って旨みがある素晴らしいもの。塩と辛子で頂く。北海道の肉だとか。サシが入った和牛は、3切れくらいでちょうどよいなあ。

ここまででおきまり終了。アラカルトでフライを。車海老と牡蠣。牡蠣フライを食べると秋だなあという気がしてくる。最後の甘味には自家製のカスタードプリンが。和と洋が融合したハイブリッドな居酒屋だが、随所に秋の風味を堪能した。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック