97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
有楽町交通会館ビル
有楽町駅前の交通会館ビル地下には飲食街があるのだが、ここが昭和のレトロな香りを残す場所で、なかなか面白い。果たして営業してるのかと思うような薄汚い(失礼)カウンタ居酒屋にジイサマの客が一人で座って飲んでたりする。活気のあるカウンタのみのラーメン屋が一軒あるが、あとはみんな年季の入った店ばかり。

中華も何軒かあるが、これが、日本人の、日本人による、日本人のための中華という昔懐かしい雰囲気なんだよねえ。

そして最近時折寄るのが、この地下にある「照鮨」

電話もせずにフラッと立ち寄れる気軽な寿司屋を探していて見つけた一軒。交通会館ビルも古いビルだが、このビルが建つ前からこの地で先代が営業してたというからずいぶん歴史がある。

酢飯には砂糖を使わず赤酢を使うと言うこれまた伝統的な手法。昔から通ってるジイサマの客が多いみたいだが、さすがに次々代替わりして太い客が減ったのか、現在は、いつ行ってもカウンタはたいてい空いているのがよい。いや、まあ、店にとっては「よい」どころではなくて、憂慮すべき事態な訳ではあるが。

寿司種は、高級店とガチで比較するとちょっとアレだが、その分値段が比例して安い。まあ出す金額には見合ったものがキチンと出るという印象。名も告げぬ客として来て、カウンタでおまかせでつまみ切ってもらって飲んで、最後にちょっとだけ握ってもらって勘定は1万円を切る。寿司オタクには勧めないが、気軽にフラっと寄るにはよい店だ。

親方も真面目で温厚なタイプ。しかし店の景気を訪ねると、「聞かないで下さいよ、毎月毎月、来月こそはと思って頑張ってるんですが、これがさっぱり」と泣き言が出るのがちょっと心配。まあそういわずに頑張ってよ(笑)。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック