97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
Amazon.co.jpのお勧めメールは真正のアホだ
「10年後に食える仕事、食えない仕事」は、Amazon.co.jpで発注。なかなか面白い本で、ブログに感想も書いた。

本日、Amazon.co.jpから、メールアドレスに、「おすすめ商品『10年後に食える仕事、食えない仕事』というのが到着。あのさ、その本はお前のところでもう買ってるんだ。注文履歴で再度確認したが、ちゃんとデータとして残っている。自社に蓄積した顧客データはマーケティングでは宝物だが、そのデータをいったいどう活用してるのかね。

このAmazon.co.jpのお勧めメールで、既に当のAmazonで購入した本が「お勧め」として到着したのは別に今回が初めてではない。何度も経験がある。

逆に、「カラスヤサトシ」は「2」から全てAmazon。co.jpで継続して発注しているのだが、新刊が出た際、一度たりともお勧めメールが来たことがない。

これから判断するに、Amazon.co.jpは、既にAmazonで購入した本でも再度勧め、継続して買ってるシリーズの新刊は絶対に勧めないというロジックを頑強に守ってお勧め本メールを作成していることになる。

しかし、誰でも分かるとおり、このロジックは真正のアホが作ったとしか思えない。Amazon.comでも本当に上記のロジックを使ってるとは信じがたい。Amazonは、現状でも一応日本で儲かってるのだろうが、だいぶ劣悪な連中が日本の仕事をしてるのでは。とりあえず、現状日本でのオペレーションを行ってる連中をまずいったん全員解雇したほうがもっと儲かると思うがなあ。



関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック