97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新橋鶴八」訪問
19日月曜は会社帰りに「新橋鶴八」。

入店すると客はまだ誰も居ない。まず冷たい日本酒を頼んで、石丸親方とのんびりと先日の30周年記念パーティーの話など。とてもよい会だったと感想をお伝えした。

神保町の大親方は、30分で帰るという話だったのだが結局2時間以上会場に。もう店を引退して久しいから、あれこれ人と談笑するのもよい気晴らしだったようだが、さすがに翌日電話するとお疲れだったとのこと。まあ80歳過ぎてますからなあ。しかしそれを考えると、石原慎太郎はまだムヤミに元気だよなあ。

まず切ってもらったのはヒラメ。分厚い立派な身に旨みがよく乗ってきている。三陸のアワビ塩蒸しもいつもながら結構。種札には今シーズン初のサヨリが。もうかんぬきと呼んでもよい分厚い身。サヨリは骨の形が独特で下ろすのが難しい。前にいた弟子が勝手に練習で下ろしたら身がボロボロになって、慌てて市場にもう一度自分で買いに行った事があったと石丸親方。寿司屋の修行も大変ですな(笑)漬け込みのハマグリをもらってつまみ終了。

お客さんが少なかったので、出張握りの話や「笹田」でたまたま会ったお客さんのことなどあれこれ雑談して実に面白かった。お茶に切り替えて、握りはいつも通り。中トロ2、コハダ2、穴子2、ハマグリのお吸い物が出て、最後はカンピョウ巻で〆。仕事をした種の安定度が素晴らしい。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック