97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「天才でごめんなさい」
森美術館の会田誠展「天才でごめんなさい」は、なかなか変わっていて面白かった。

現代アートでも、物から「意味」というものを全て剥ぎ取ろうとする前衛的な分野はあまり好きになれないが、この作家の作品は、モチーフに意味を残しながら、その選択や組み合わせに意味が無いというか。

どの作品も実に奇妙で、やはり「お前何考えてんねん」という感想が一番ぴったりくるかなあ。おそらくそう言われたいがためにわざとやってるところが伺えて、そこが実に面白い。奇妙な好奇心を刺激するところがある。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック