97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「しみづ」訪問
25日日曜の夜は「しみづ」訪問。

清水親方は、先日の新橋鶴八30周年のパーティーが終わった後は四次会まで行き、家に戻ったのが朝の4時過ぎ。それから6時にはフランスに向けて出発したのだとか。お休みから戻って先週金曜からまた営業中。

お酒は常温で。お通しはなめこおろし。つまみはおまかせ。いつも通りまず白身から。ヒラメは脂がよく乗っている。タイ昆布〆も一切れ。スミイカ。タコは香りがあり身肉が柔らかく素晴らしい。ねっとりした脂が乗るサバ。白子は茹でてポン酢醤油で。もう冬だなあ。赤貝、青柳、ハマグリと貝をもらい、最後はウニとイクラの盛り合わせ。

このへんでお茶に切り替えて握りに。まず赤身。しっとりと口中で溶け崩れるような旨みあり。中トロ、そして蛇腹の大トロも酢飯と合って実に美味い。コハダ、穴子は塩とツメで。最後にカンピョウ巻半分貰って〆。どれも実に美味かった。



関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック