97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新ばし しみづ」
先週木曜の夜は会社帰りに「新ばし しみづ」。

遅い時間からは、満席になるようだが、早い時間はまだカウンタは空いている。常温のお酒を貰っていつも通りおまかせのつまみから。最初の白身は鯛。ねっとりした旨味あり。明石だとか。スミイカは小さく切って。タコは柔らかく香りがよかった。

もうサヨリが出ている。細切りにして生姜醤油で。香りがよい。漬け込みのハマグリ。サバは脂が乗って旨味十分。シャコは小樽から。ずいぶん肉厚。小柱、青柳、小柱、赤貝と貝の満艦飾。白子は軽く茹でて、ポン酢で。一品暖かいのがあると冬場は和むなあ。最後は、ウニとイクラをぐい飲みに盛り合わせたつまみで〆。

お茶に切り替えて握りを。まずキス。軽く酢を当ててあるが、まだ生っぽさを残す。この店の強い酢飯と出会うと、酢飯の味が実に際立つね。マグロは、赤身、中トロ。どちらもしっとりした旨味と香りあり。コハダはもう十分に肉厚。しっかりと〆た身肉の美味さ。穴子はいつも通り、塩とツメで一貫ずつ。最後はカンピョウ巻半分で〆。冬場になって旨みの増した寿司種を堪能した一夜。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック