97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新橋鶴八」訪問
火曜の夜は「新橋鶴八」。入店すると、先客はカウンタに一人だけ。しかしその後、電話結構入って次々とカウンタが埋まっていった。当日だったが早めに電話してラッキーだったな。

お酒は菊正宗の冷酒。最初はヒラメ。分厚い身、旨味も深い。塩蒸しは三陸のアワビだが、割と小型。この時期はまあしかたないか。ブリは脂の乗った腹の身を、えぐるように切りつける。養殖のハマチならこんなに脂があってはとても食えたものではないが、日本海で揚がった天然のブリは実に爽やかな旨味としっかりとした噛み心地が素晴らしい。つまみの最後はサバ。これもまた脂が乗って実に旨味が濃い。

このあたりで握りに。中トロ2。コハダ2。コハダは柔らかく、ネットリとした旨味が口中で溶けるこの店独特の〆具合。米の旨味を残してふっくら炊き上げたこの店の酢飯とも素晴らしくよく合う。とろとろのアナゴ2。最後はカンピョウ巻で〆。海苔の香りも実によい。いつもながら、いつもの物がいつもの通り美味いのが、実によきかな。

その後で「P.M.9」に。ドアを開けるとまだ他にお客がおらず、バーテンダーのM氏とあれこれ雑談。最初はいつもと同じドライ・マティーニ。

この前「スカイフォール」見たので、ジェームズ・ボンドのマティーニについて聞くと、さすがプロで、ちゃんと知っている。ボンドはバーで、ジンの代わりにウォッカを使って、ステアではなくシェイクしてくれと言うのが有名。M氏によると、シェイクすると空気が混ざって若干柔らかい感じになる由。キナ・リレというベルモットを使う別のマティーニもがあるのだが、このキナ・リレは昔はあったが最近日本に入ってこないのだとか。

「Vodka Martini. Shaken, not stirred」というのだが、有名なマティーニだけに、日本人が慣れない発音で海外のバーでこれでやらかすと、バーテンダーはプッと笑いをこらえるかもしれないな(笑)。

そういえば、スカイフォール」では、ボンドはマッカランの50年物も飲んでいた。M氏に尋ねると一瓶100万円以上するのだとか。バーで置いてる店があったとして、一杯飲んだら幾らだろう。さすが、諜報機関MI6が払うだけあって、ボンドは高い物飲んでますな(笑)。私はおとなしく、マッカランの12年物を。もう一杯もらってタクシー帰宅。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック