FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新ばし 笹田」訪問
木曜の夜は「新ばし 笹田」。先の予約を入れ忘れてたので水曜に電話。年内入店は無理かと思ったのだが、キャンセルが出たとかで入店可能に。どなたかは存じませんが、キャンセルありがとう(笑) まあ、店にとってはありがとうどころではないが。12月は28日までほぼ満杯のようだ。商売繁盛でなにより。

お酒は磯自慢の純米吟醸。口に含むと、一瞬ふくよかな米の甘みが広がり、スッキリした後口へ変わる。

まず白子の茶碗蒸し。一口サイズだが旨味が濃厚で身体が温まる。この季節定番の香箱ガニ。綺麗に掃除した茶色の外子が殻に引かれ、白い脚の身が並び、オレンジの内子とグリーンの蟹味噌が山盛りに。

珍しく何やら揚げていると思ったら、海老芋の唐揚げ。パリッとした薄い衣の下はネットリと甘い海老芋。京都のものだとか。定番の壬生菜と油揚げの煮物はふっくら上品な出汁にふりかけた煎りゴマの香りが実によい。

お造りは、鯛、カンパチ、ホタテ。鯛は淡路から。旨味が実に濃い。ここでカンパチが出るのは珍しいが、天然の12キロの背側を入れて1週間ばかり熟成させたとのこと。養殖物は寝かせると臭みが出てとても食えたものではないが、天然ものは、ネットリとした癖の無い旨味。

お椀は鯛のあら汁。鯛の脂がキラキラ浮き、旨味は出汁と渾然となり実に旨い。胸ビレのところなので、骨の中から「鯛の鯛」が。そうだ、赴任直前にも「笹田」に来て明石の鯛を食し、「鯛の鯛」が出てきたんだと懐かしく思い出して。

焼き物は、さわらの付け焼。山椒のきいた醤油たれ。身肉は綿菓子の如くふっくらして、口中に運ぶと旨味と共に溶けるかのよう。つけあわせには「ベストの物を選びました」と自家製カラスミがふた切れ。これまた濃厚でネットリした旨味。酒が進むなあ(笑) 出来を誉めると、同じに仕入れたロットでもダメなものがあると、失敗作のほうもおまけでふた切れ出してくれる。こちらは粒全体が一体となってネットリした食感と発酵の旨味にかける。タラコをあんまり超えないような印象だが、一粒一粒の卵の成熟度合いによるのかねえ。食べ比べもなかなか面白い。

最後の煮物は、これも名物の芋茎生姜煮。芋茎をジャコの出汁で炊いてあらかじめ下味をつけ、最後にショウガ風味で炊き上げたもの。しゃきしゃきした食感と茎にしみ込んだ旨味を味わう。

〆の食事はいつも通り炊飯土釜で炊き上げたつやつやの新潟産こしひかり。ちりめん山椒、お新香、山葵漬け、赤だしを添えて。日本人ならやはり炊き立てのご飯だなあ。

最後はこれも定番、冷製の白玉あずきで〆。煎茶と共に。今年の訪問はこれで最後。よいお年をと挨拶。笹田夫妻の見送りを受けて満ち足りた気分で家路に。



関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
「鯛の鯛」というのを初めて知りました。面白いですね。
2012/12/21(金) 21:33:36 | URL | にゃろ姉 #2WdbYHDY[ 編集]
ググると、「鯛の鯛」はWikiにも項目立ってますね、びっくりしました(笑)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AF%9B%E3%81%AE%E9%AF%9B

2006年でしたか、アメリカ赴任の直前、最後にこのお店に行くと、笹田氏は以前に私が明石の鯛が美味いと話してたのを覚えてて、「今日は明石の鯛が入りました。アメリカに行かれる前に、間に合ってよかったです」と、造りを出してくれて、その後にカマのあら炊きも。そして私が「鯛の鯛」を見つけると、「これは縁起物なんですよ」と、洗って紙に包んで持たせてくれました。

そう、もちろん彼は、「鯛の鯛」がある部分を、私にくれたんだなあ。懐かしくも思い出します。



2012/12/21(金) 22:17:40 | URL |  Y. Horiucci #-[ 編集]
素敵なお話です。
2012/12/21(金) 22:26:08 | URL | にゃろ姉 #2WdbYHDY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック